日経ビジネス2018年2月26日号より

黒田再任は積極財政の地ならし

時事深層

黒田再任は積極財政の地ならし

政府が4月8日に任期満了となる日銀の黒田東彦総裁を再任する人事案を固めた。副総裁に「リフレ派」の若田部昌澄・早稲田大学教授を充て、現状の金融緩和の継続をアピールした。人事案の裏には、株価維持や財政拡大による景気下支えを重視する安倍晋三首相の狙いが透ける。

続きを読む

日経ビジネスBasic記事一覧

バックナンバー一覧