特集 その新社長は世界で戦えるか

日本企業が交代下手なワケ 1―開かず

事業は国際化 社長タコツボ化

2014年2月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

事業はグローバル化し、他社や異業種との連携、M&A(合併・買収)も欠かせない。しかし、肝心のトップは海外や他企業の経験に乏しい。 この現実を物語るデータがある。ブーズ・アンド・カンパニーが実施している「CEO継承調査」。世界の時価総額上位2500社のうち、2012年にCEOが交代した企業を対象としたものだ。その結果が明らかにするのは、日本企業トップの「タコツボ化」だ。

日経ビジネス2014年3月3日号 57~58ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 その新社長は世界で戦えるか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ