2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

敷地面積は東京ドーム3個分と広大で、建物はほぼ新築。だがテナントはほとんどなく、内部はまさにがらんどう──。そんな状態でも営業を続けた不思議な商業施設が滋賀にある。琵琶湖湖畔にある“明るい廃墟”こと、ピエリ守山だ。その軌跡は日本の街作りのあり方に多くの教訓を突きつける。

日経ビジネス2014年3月17日号 52~53ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月10本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「特集 街作り失敗の研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ