ケーススタディ

トヨタIT開発センター、クルマと連携するIoTデバイスを開発するハッカソン

2015.01.13市嶋 洋平

経営企画・事業開発 企画・開発 自動車 製品・サービス向上 事業創出 センサー

トヨタ自動車グループのトヨタIT開発センターは1月17日、クルマと連携するIoT(Internet of Things)デバイスを開発するハッカソンイベントを開催する。デバイスのプロトタイプまで手掛けるのが特徴であり、自動車メーカーの取り組みとしては珍しい。今後普及が予想されるクルマ向けアプリの将来像を探る狙いがある。

定期購読者はこちら

ID、パスワードが不明な方はこちら

定期購読者で、読者限定サイトの利用登録をされていない方は、こちらからサービス登録を行って下さい。

初めての方へ

日経ビッグデータを
年間購読をしていただくと、
・過去の全記事を閲覧できるサイトのご利用
・読者限定サイトのご利用
・月刊誌のお届け
・年4回のセミナーへの無料参加

が可能になります。

著者プロフィール

日経ビッグデータ副編集長

市嶋 洋平

日経コンピュータ、日経コミュニケーション、日経新聞などを経て、2012年11月にビッグデータ・プロジェクトを立ち上げた。企業のデータ活用促進やデータサイエンティストの人材育成などに取り組む。

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

6月号特集

デジタル革命に勝つ「AI経営」

オムロン、トヨタ、パナソニック、ホンダが実践するあらたな経営戦略

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ