今月のビジュアライゼーション

ホッピーの店の場所が一目瞭然で行きやすい! 地図とデータを用いて営業支援の武器を作った【無料公開記事】

2015.03.03大友翔一=慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 研究員

ビジュアライゼーション

 昨今、データを可視化し分かりやすく表現すること、すなわちデータビジュアライゼーションへの需要は増大している。一般的にビジュアライゼーションと言うと、プレゼンテーションや高度な経営判断が要求される場面、またはマスメディアなどの媒体が使用する文脈で語られることが多い。だが、実は日常的な業務にも大いに役に立つ。

 統計データに関しては全てのデータをダウンロードする。

 境界データに関しては、あらかじめkanagawaというディレクトリを作成し、そのディレクトリ内に名称が世界測地系緯度経度・Shape形式のデータを全てダウンロードする。

神奈川県の境界データを作成

 境界データの下準備を先に行う。 境界データはh22kaxxxxx.shpというファイルが確認できる(xxxxxは5桁の数字が入っている)。QGISに全てのh22kaxxxxx.shpデータを追加する。

 このデータを結合して神奈川県の境界データを作成する。 コントロールパネルから[ベクタ]→[データマネジメントツール]→[複数のシェープファイルを1つに結合する]をクリックする。 結合する対象の.shpファイルが保存されているディレクトリにkanagawaを指定し、ファイル名にはkanagawa_mergeとする。

 先ほどのh22kaxxxxx.shpというデータを削除する。(xxxxxは5桁の数字が入っている)

 次に、国土数値情報から鉄道の情報を取得する(関連サイト)。

 ダウンロードしたファイルを解凍すると下記のようなファイル構成になっている。
・N02-13.xml
・N02-13_Station.dbf
・N02-13_Station.shp
・N02-13_Station.shx
・N02-13_RailroadSection.dbf
・N02-13_RailroadSection.shp
・N02-13_RailroadSection.shx
 

 これらのデータを追加する。StationとRailroadSectionには、それぞれ駅と線路の情報が入っている。QGIS上に駅と線路の情報を追加する。

 空間演算という処理を行い、神奈川県の領域だけ切り取る。

 そして、駅から500m県内のホッピー取扱店舗を抽出する。 まず、バッファという処理を行い、駅から500mの範囲を描画する。 コントロールパネルから[ベクタ]→[空間演算ツール]→[バッファ]をクリックし項目を記入する。

入力ベクタレイヤ:kanagawa_station
円を近似させる線分の数:5(多いほど円に近くなる)
バッファ距離:500
出力シェープファイル名:station_buffer

駅の近くにあるホッピー取扱店を表示

 次に、作成された駅を起点とするバッファ内にあるホッピー取扱店舗のみを抽出する。

 コントロールパネルから[ベクタ]→[空間演算ツール]→[交差]をクリックし項目を記入する。

入力ベクタレイヤ:hoppy_kanagawa
交差レイヤ:kanagawa_station
出力シェープファイル:in_buffer_area

画面内、黄色の点が駅から500m以内にあるホッピー取扱店舗である

少し拡大してみる

 これに、先ほどe-statから取得した人口のデータを重ねてみる。 人口のデータは - tblT000573Cxxxxx.txt(xxxxxは5桁の数字が入っている)形式で保存されている。これを全て結合する。 Cygwinの入ったWinodws、あるいはMac、Linuxユーザーであれば以下のコマンドでも可能である。

cat *.txt > jinko.csv

印刷

著者プロフィール

日経ビッグデータ副編集長

降旗 淳平

日経エンタテインメント(週刊)、日経ビジネス記者、日経ビジネスアソシエ記者・副編集長、日経トレンディ副編集長を経て2014年6月から日経ビッグデータ副編集長

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

5月号特集

我が社のIDは個人情報ですか?

12年ぶりに施行の改正法、活用の境界線が見えてきた

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ