今月のビジュアライゼーション

ホッピーの店の場所が一目瞭然で行きやすい! 地図とデータを用いて営業支援の武器を作った【無料公開記事】

2015.03.03大友翔一=慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 研究員

ビジュアライゼーション

 昨今、データを可視化し分かりやすく表現すること、すなわちデータビジュアライゼーションへの需要は増大している。一般的にビジュアライゼーションと言うと、プレゼンテーションや高度な経営判断が要求される場面、またはマスメディアなどの媒体が使用する文脈で語られることが多い。だが、実は日常的な業務にも大いに役に立つ。

 作成したjinko.csvをQGISに読み込む。

ファイル名:jinko.csv
ファイル形式:CSV
無視するヘッダー行数:0(最初のレコードはフィールド名を保持しているにチェック)
ジオメトリ定義:ジオメトリ無し

レイヤパネルkanagawa_merge上で右クリックし、結合処理を行う。

結合するレイヤ:jinko
結合するフィールド:KEY_CODE
ターゲットフィールド:KEY_CODE1

 レイヤプロパティからスタイルを選択し、段階に分けられたを選択し下記のように入力する。

カラム:JINKO
色階調:Blues
分類数:10
モード:分位(等量)

 分類をクリックし、OKを実行する。

 これが、冒頭に紹介したMAPである。人口の多いところで駅から近いところは営業員を増やして巡回数を増加させて対応すべき、距離的には遠いが同一の路線上にある店舗は1日で巡回可能であることなど、可視化することで得られる気付きは多い。またこれは、基本的にルート営業を主眼においている。

ヒートマップを作成

 最後に、新規開拓を行う際の場合を考えるために、最近よく見かけるヒートマップを作成する。 画面上部コントロールパネルから[ラスタ]→[ヒートマップ]をクリックすると、ヒートマッププラグインが開く。

入力ポイントレイヤ:hoppy_kanagawa
出力ラスタ:heatmap(保存する際のファイル名)
出力形式:GeoTIFF
半径:2000
と入力してOKをクリックする

 すると下図のようになり、左側レイヤパネルに新しくheatmapが追加される。

heatmap上で右クリックし、レイヤプロパティを開き

レンダータイプ:単バンド疑似カラー
新規カラーマップを作成:RdYlBu(使用したいカラースケールを選択)
反転:チェック追加
モード:連続
こう入力して、分類をクリックし、OKをクリックする

 下記のように表示され、ホッピー取扱店の密度に応じて色分けされた表示がされる。

冒頭の地図にheatmapを重ねる

 例えば、新規店舗に営業を行う際には、取扱店舗が密集している地域に対してさらに重点的に新規開拓を行うのか、あるいは取扱店舗が少ない中で人口の多い地域に新規開拓をするべきか、駅からの距離はどの程度かなど様々なことが判断材料になるであろう。こうしたことを1つずつ可視化していくことで、現状がどうであるか、今後どうするべきかなどの状況を把握しやすくなるという事が可視化の大きな利点である。

 もちろん今回紹介したのは一例であり、その他にも公開されている様々なデータを用いた処理も可能である。今後は、オープンデータの流れがさらに加速し使用可能なデータも増加するであろう。そうした観点から、データビジュアライゼーションや、データに基づいた戦略的アプローチの重要性も今後より一層加速していくと思われる。

印刷

著者プロフィール

日経ビッグデータ副編集長

降旗 淳平

日経エンタテインメント(週刊)、日経ビジネス記者、日経ビジネスアソシエ記者・副編集長、日経トレンディ副編集長を経て2014年6月から日経ビッグデータ副編集長

関連記事

日経ビッグデータ関連記事

日経ビッグデータの最新号

11月号特集

10万人目指す企業AI人材

データ活用人材を呼び込み、ビジネスに生かす仕組み作りに挑む

年間購読のご案内

申し込む

お問い合わせ