• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第15話「理想的なエネルギーは何だと思いますか」

2012年2月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

 団達也は恩師、宇佐見の友人だったイスタンブールのサーディを訪ね、自分がこれからどんな事業をすべきなのか語り合っていた。話題は自然エネルギーに移っていた。

 上海のリンダのもとでは真理が働いていた。真理はリンダにビジネスの現場の特訓を受けていた。リンダと古くからの友人であるジェームス、そして真理の3人は、欧州経済について語り合っていた。

 

 MTCで働いていた金子順平は、マレーシアのタンの会社に移り、タンのもとで暮らしていた沢口萌と再会した。金子は、タンの会社で新たな研究を始めるつもりでいた。

 ある日、金子の携帯電話に聞き覚えのある声の電話が掛かってきた。かつて金子が勤めていたジェピーを追い出され、現在はジェピーを買収したUEPCにいる間中だった。

 間中は、金子をスカウトしにマレーシアまでやってきた。間中は「マレーシアで団を待ったって、来やしませんよ」と金子に言った。金子は耳を疑った。

イスタンブール

 「理想的なエネルギーは何だと思いますか」
 そろそろサーディから結論を聞く時だ、と達也は思った。

 「太陽だろうね」
 「えっ……」

 達也は思わず聞き返した。
 「無限に存在する海水を使って、地球の至る所に太陽を作るんだよ」

 物理学者のサーディは楽しそうに話を続けた。
 「核融合だよ。水素などの軽い原子核同士が融合して、ヘリウムなどのより重い原子核になる際に放出するエネルギーを活用するんだ。太陽のエネルギーは核融合で作られているんだ」

 「原発とは違うのでしょうか」
 「違うと考えていいだろう。原子力発電よりも安全性に優れていて、二酸化炭素の放出もない。しかも、原料は海水だ」

「熱血! 会計物語~団達也が行く season3」のバックナンバー

一覧

「第15話「理想的なエネルギーは何だと思いますか」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック