• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

怒りに身をまかせるのはまちがっている

【2】刺激

  • アラン

  • 翻訳 村井 章子

バックナンバー

2012年4月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【1】「名馬ブケファロス」から読む)

今日の一言

怒りの発作も咳の発作もたいして変わらない。どちらにも身体を動かすことが効く。

 飲みそこなって喉につかえると、全身でむせ返ることがよくある。体中のあちこちに差し迫った危険が告げられたように、筋肉は縮こまり、心臓までおかしくなって、一種の痙攣状態になってしまう。こんなとき、どうしたらいいだろうか。体の反応に身を任せ、耐え忍ぶほかないのだろうか。哲学者ならきっとそう言うだろう。経験なしに語るのが哲学者なのだから。

 だが体育の時間に「ぼくには無理です。体がこわばって、筋肉が全部引きつってしまうんです」などと言う生徒がいたら、先生は笑い飛ばすことだろう。私の知っている怖い先生などは、臆病な生徒を正気に戻すために、叩くぞと断ってから棒でしたたかにひっぱたいたものだ。

 よく知られているとおり、筋肉というものは、従順な犬のように考えに従う。たとえば腕を伸ばそうと考えたら、すぐに腕は伸びる。先ほどの筋肉の収縮や痙攣は、どうすればいいかわからないことが原因で起きたのである。そんなときにやるべきなのは、全身の緊張を解くことだ。とりわけ、強く息を吸い込むとよけいにむせるから、どこかにひっかかったものを逆に押し出してやることである。これは、言うなれば、恐怖心を追い出すことにほかならない。恐怖心は、この場合に限らずいつだって害にしかならない。

コメント1件コメント/レビュー

医学的には怒りを感じた時は、怒りを身体で表現しないで、我慢していると、ストレスが溜まるので身体に良くないと言われている。筆者はこの文章のなかで、人が怒りを感じた時に、どうしろと言いたいのか、さっぱり分からない。文章は自分が分かるから人も分かるだろう、という書き方ではなく、誰が読んでも分かる様な書き方をしなければいけない。この文章を読んだことが非常に時間の無駄だった。今、この作者に対して怒りの感情がわいている。(2012/04/25)

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

医学的には怒りを感じた時は、怒りを身体で表現しないで、我慢していると、ストレスが溜まるので身体に良くないと言われている。筆者はこの文章のなかで、人が怒りを感じた時に、どうしろと言いたいのか、さっぱり分からない。文章は自分が分かるから人も分かるだろう、という書き方ではなく、誰が読んでも分かる様な書き方をしなければいけない。この文章を読んだことが非常に時間の無駄だった。今、この作者に対して怒りの感情がわいている。(2012/04/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長