• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

幸福でいることには意志の力が働いている

【3】悲しいマリー

  • アラン

  • 翻訳 村井 章子

バックナンバー

2012年4月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【2】刺激から読む)

今日の一言

どれほどすばらしい出来事がほほえみかけても、不幸な人間には効き目がない。幸福でいることには、一般に考えられている以上に意志の力が働いている。
 ときには周期的な躁鬱病について考えてみるのも、悪くはあるまい。ある心理学の先生がたまたま病院で見つけたこの「悲しみのマリーと喜びのマリー」という症例は、とりわけ考えるべき点が多い。もうすっかり忘れられてしまった話だが、覚えておく価値はありそうだ。

 マリーという娘は、時計のような正確さで、一週間は陽気になり次の週には悲しくなった。陽気なときは、万事がうまくいった。雨が降っても晴れても楽しく、ほんのちょっと親切にしてもらっても有頂天になり、好きな人のことを思い浮かべただけで「あたしってほんとにしあわせだわ」と考えた。退屈なんて、もちろんしない。どんなささやかな思いつきも、喜びに彩られていた。ちょうど、誰からも愛される生き生きした花のように。まさに理想の状態である。読者のみなさんもこのときのマリーのようでいられますように、と祈らずにいられない。

 どんな水瓶にも取手が二つあるようにものごとには二つの面がある、と賢者が語ったとおり、同じことでももうだめだと思えばだめになるし、大丈夫、元気を出そうと思えば大丈夫なものだ。しあわせになろうとする努力はけっして無駄にはならない。

コメント2

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長