• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

悲しみは病気に過ぎない、だから我慢するしかない

【5】憂鬱

  • アラン

  • 翻訳 村井 章子

バックナンバー

2012年4月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【4】神経衰弱から読む)

今日の一言

悲しみは病気に過ぎない。だからあれやこれやと理由や理屈をつけたりせず、病気として我慢することだ。

 すこし前に腎臓結石を患っている友人を見舞ったところ、すっかり落ち込んでいる様子だった。誰もが知っているように、この種の病気になると気が滅入るものである。そう言うと相手も同意したので、私はこう結論づけてやった。

「この病気になると気が滅入ることがわかったのだから、暗い気分になっても驚いてはいけないし、不機嫌になってもいけないぞ」。

 この立派な理屈に友人は大笑いしたものだ。なかなかの成果である。実際私は、少々ユーモラスな表現を使って、不幸な人がめったに考えようとしない重要なことを言ったのだった。

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長