• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ほほえみは身体の深いところまで届く

【10】気で病む男

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年5月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【9】想像力という病から読む)

今日の一言

ほほえみはあくびと同じように身体の深いところまで届き、喉、肺、心臓を次々に楽にする。

 ほんの些細なことが原因で、たとえば靴擦れのせいで、せっかくの一日が台無しになることがある。そういうときは何をやっても楽しくないし、頭もうまく働かない。だが治療法は簡単である。読者ももうご存知のとおり、原因さえわかればすぐにも楽になるはずだ。この種の不運は、服を脱ぎ捨てるようにすっかり取り除くことができる。

 ピンにひっかかれるのを感じた赤ん坊が、重い病気にでもかかったように泣き叫ぶのは、赤ん坊には原因がわからないし、したがって治療法もわからないからである。そしてときには泣いたせいで具合が悪くなり、一層ひどく泣き叫ぶことになる。これはまさに想像上の病と名付けるべきだろう。これも本物の病気ではあるが、「想像上の」と付くのは、自分自身の心の動きが作り出し、しかもその原因を外に求めるからである。泣き叫んでかんしゃくを起こすのは、赤ん坊だけではない。

コメント0

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士