• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

不機嫌に対しては義務的なほほえみに助けを求めよ

【12】ほほえむ

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【11】医学から読む)

今日の一言

不機嫌に対して知性は役に立たない。礼儀作法に頼り、義務的なほほえみに助けを求めるのがよい。

 不機嫌は結果であるばかりでなく、原因でもある。病気の大半は、礼儀を忘れた結果だと考えてもよかろうと思う。ここで私が「礼儀」というのは身体に対する礼儀のことであり、それを忘れるとは、自らの身体に暴力を振るうことを意味する。獣医として日頃から動物を観察していた父は、動物が人間とほぼ同じ条件の下に置かれ、同じくらい無理をさせられているにもかかわらず、病気がずっと少ないと言ってふしぎがっていた。これは、動物は不機嫌にはならないからである。つまり、あれこれ考えて苛立ったり、うんざりしたり、憂鬱になったり、ということがない。

 たとえば、眠りたいのに眠れず何を考えても苛々した経験は、誰しもあることだろう。この苛立ちが、まさに不眠症の原因になる。また悪い方へ悪い方へと考えて恐怖に駆られると、不吉な想像が心配を一層かき立て、病気はなかなか治らない。さらによく言われるとおり、階段を見下ろしただけで胸が締めつけられることもある。これは想像力のなせるわざであり、そのせいで、深く息を吸い込む必要があるまさにその瞬間に、息が止まってしまう。

コメント0

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長