• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社会は求めない者には何も与えない

【28】野心家に与える言葉

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年6月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【27】楡の木から読む)

今日の一言

社会は、求めない者には何も与えない。そして「求める」とは、ずっと求め続けることである。

 求めるものは必ず得られるというと、若者はこの言葉を取り違えて、何もせずに僥倖を待っていたりする。だが幸運が天から降ってくることはない。人が望むものは、むしろ山に似ている。山は待っていて、けっして逃げたりはしないが、しかしこちらがよじ登らなければならない。

 私の知る限りでは、たしかな足取りで出発した野心家は、みな思ったよりも早く山頂に到達している。なるほど彼らは、役に立ちそうな工作はすかさずやり、役に立ちそうな人のところへはこまめに顔を出し、人がいいだけで役に立ちそうもない人間は無視した。必要があれば、ご機嫌取りもした。

 何も私は責めているのではない。そういうことをするかしないかは好みの問題だ。だがひょっとすると取り立ててくれるかもしれない人にわざわざ耳の痛いことを言う人は、ほんとうは出世したかったなどと言ってはならない。そういう人は、たまさか鳥になりたいと思う程度に出世を夢見ていたに過ぎない。大臣にはなりたいが根回しをしたりあれこれと気を配ったりするのはいやだ、と言うようなものである。

 「きっと三顧の礼で迎えにくるさ。こちらからは指一本動かすのものか」とうそぶく怠け者を私は何人も知っている。こういう人たちは、心の底では放っておいてほしいのである。だから世間は放っておく。だからこの人たちは、自分で思い込みたがっているほど不幸ではない。

コメント0

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者