• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

誰よりも幸福な人間は警察署長である

【43】行動する人

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年6月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【42】行動から読む)

今日の一言

予測不能の新たな展開の中、ただちに次の行動を決め、すぐさま実行する、そうしたことが人生をこのうえなく満たしてくれる。

 私の好みで言うと、誰よりも幸福な人間は警察署長である。なぜなら、絶え間なく行動しているからだ。それも、絶えず変化する予測不能な状況の中で。火事もあれば水害もあり、地滑りもあれば建物の倒壊もある。敵は泥だったり、埃だったり、病気だったり、貧困だったりするし、ときには喧嘩やお祭り騒ぎに駆り出されることもある。

 こうしてこの幸福な人物は、決然たる行動を必要とする明白な問題にひっきりなしに直面する。あれこれの規則などないし、無用な書類もなし。お役所的な報告書を書いて、誰かを非難したりなだめたりする必要もない。そんなことは役人に任せておけばよろしい。警察署長の仕事は、五感を総動員し、そして行動することである。知覚と行動という二つの水門が開かれているとき、生命の流れは軽やかな羽根のように心を運んで行く。

コメント0

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック