• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

平らな一本道は歩まぬ方がよい

【46】王様は退屈する

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年6月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【45】エゴイストから読む)

今日の一言

幸福は、つねにいくらかの心配といくらかの情念、そしてすこしばかりの苦痛を前提としている。

 人生にはすこしは苦労があった方がいい。平らな一本道は歩まぬ方がよい。望めば何でも手に入る王様は気の毒だと思う。神様も、どこかにいるとすれば、すこしばかり気鬱にとりつかれているのではあるまいか。大昔には、神様も旅人の姿で家々の戸口を叩いたと言われる。神様はきっと、飢えや渇きや愛の情念を感じることに、いくばくかの幸福を見出していたにちがいない。だが持てる力の大きさを思い出したとたん、こんなことはふざけてやっているに過ぎない、その気になりさえすれば時間も距離も消して、自分たちの欲望もなかったことにできるのだ、と一人呟いたことだろう。

 つまるところ、神様たちは退屈していたのである。いまでは神様の姿をとんと見かけないが、首をくくるか身投げをするか、それとも眠りの美女よろしく永い眠りについているにちがいない。おそらく幸福は、つねにいくらかの心配といくらかの情念、そしてすこしばかりの苦痛を前提としているのだろう。こうしたものが、私たちを自己に目覚めさせる。

コメント1

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員