• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

死者の思いは私たちの中に眠っている

【61】死者の祭礼

  • アラン

  • 村井 章子

バックナンバー

2012年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【60】慰めから読む)

今日の一言

死者が私たちを教え導いてくれる力は、おそらくは人間にできる最も偉大なことであろう。

 死者のために祭礼を執り行うのは美しい習慣である。この祭礼、すなわち万霊節が、11月2日に定められているのはまことにふさわしい。この頃には、太陽がどんどん遠ざかって行く徴候がはっきりと現れる。枯れた花、踏みつけられる落ち葉、長い夜、一日中が夕方のようなどんよりした日々――これらはすべて、疲れ、休息、眠り、そして過ぎ去った日々を思わせる。

 一年の終わりは、一日の終わりのようでもあるし、一生の終わりのようでもある。そう考えると、未来には闇と眠りしかないように感じられる。そこで物思いは自然に過去に立ち帰り、人は自ずと歴史家になる。このように、しきたりと季節と思考の流れは調和している。だからこの季節になると、大勢の人が死者の霊を呼び出して話そうとする。

コメント0

「「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」毎日読むアラン『幸福論』」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック