• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「多分、出世を餌に無理やり相手を…」

【18】第四章 董卓3

2012年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【17】第四章 董卓2から読む)

 洛陽の周囲には、函谷(かんこく)、小平津(しょうへいしん)、孟津(もうしん)、旋門(せんもん)、カン(環/王は車)轅(えん)、大谷(だいこく)、広成(こうせい)、伊闕(いけつ)という名の関所が、計八つあった。

 袁紹や曹操ら、気鋭の校尉(こうい・将軍候補の隊長)が担当するということで、西園八校尉(せいえんはちこうい)と呼ばれ、前年の中平5年(188年)に置かれていた。

 皇帝宏の崩御で、持ち前の機能が発揮されると期待もされていた。だが、やや見込み違いな事件が起こってしまった。

 原因は、最高権力者の何進が、宦官を一掃しようと考えたことに始まる。何皇太后は、これまでに宦官から多くの恩義を受けているとして、異母兄の行動を牽制した。

 随分律義なことだが、それを諦めさせるため、何進は周辺の軍閥を洛陽へ呼んだのである。荒くれ男の大掛かりな軍事行動を見せつけられれば、何皇太后も意見を引っ込めざるをえないと、何進は踏んだのだ。

 董卓も、そのような経緯から呼ばれた一人であるが、当人はそれを百も承知である。他には、并州(へいしゅう)刺史(しし)の丁原(ていげん)らがいた。

 「洛陽へは行くが、何も急ぐことはなかろう」

 董卓らしい発想で、彼は「赤兔(せきと)」と名づけている愛馬を進めた。

 「こいつは、前漢の武帝が必死になって手に入れた汗血馬(かんけつば)の子孫でな」

 彼は、部下の樊チュウ(禾/周)や張済(ちょうさい)に話しかけていた。そんなとき、斥候役の秦宜録(しんぎろく)が、とんでもない知らせを持ってきた。

 「何進様が、宦官どもに暗殺されたということで、洛陽の宮中は大騒ぎです」

 「何とな。これは面白いことになってきた」

 董卓は哄笑しながら、歩調をやや速めた。無論、入れ替わり立ち替わり斥候を立てる。

「サテライト「三国志」群像」のバックナンバー

一覧

「「多分、出世を餌に無理やり相手を…」」の著者

塚本 青史

塚本 青史(つかもと・せいし)

作家

1949年岡山県倉敷市生まれ。同志社大学卒業後、印刷会社に勤務。イラストレーターとしても活躍。日本作家クラブ理事。父、塚本邦雄創刊の歌誌「玲瓏」発行人。近著に『李世民』。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長