• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「1.5倍の保育所数、2倍の図書館数を。そしてパチンコ店を半分に」。

『日本は、』/『読む餃子』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2012年10月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私の編集した本読んでください!】

日本は、』G・D グリーンバーグ著、彩流社
担当:石黒謙吾(編集者)

日本は、』G・D グリーンバーグ著、彩流社

 編集者一本だったのが、著者としての本も進めながらプロデュース&編集の本を作るようになって15年ほど経ちました。これは、人から取り立てつつ人に取り立てられるという、消費者金融社員でありながら借金苦のような生活。この真逆な立場を両立させるべくいつも四苦八苦してるのは、使える時間をどちらサイドに割り振るかというバランスです。

 興味がとっちらかって精神的多動の僕は、どちらつかずのまま宙ぶらりんのアイデアが溜まっていく一方になってしまうんです。生きている限り企画が思いついてしまうサガでは、増えることはあっても減ることはありえない。ああ、もっとアウトプットしたい……。

 という煩悶を抱えながら昨年秋~今年初めに出したプロデュース&編書のうち3冊が、ななななんと、本をテーマにしたテレビ番組に続けて取り上げられたのです! しかもパブをこちらから仕込んだわけじゃなくあちらから拾って頂いた形。毎日何百冊と刊行される書籍があり、どれも版元のパブ仕込み根回しある中、奇跡的な確率なのですよこれは。

 その番組は、稲垣吾郎氏と小島慶子さんが、毎回一冊の本をテーマに著者を交えてトークする「ゴロウ・デラックス」(TBS)。テレビで本を取り上げてもらえる場所がほとんどない現状において、深夜番組ではあるものの、パブリシティとしては超貴重、ありがたい存在なのです。

ゴロウ・デラックスの奇跡

 最初の福音は、2011年10月に出した『負け美女』(犬山紙子/マガジンハウス)。ツイッターで知りブログ見て即著者にメールし1年弱で刊行になったイラストエッセイ。番組の打診があったときは、当然やったーと喜びました。とんとんと進みオンエアは12月。内容も盛り上がってAmazonランクはがつんと上昇!

 2冊目のタナボタは今回後半で紹介する『読む餃子』(パラダイス山元/アスペクト)。刊行は、『負け美女』の一カ月後、2011年11月。するとまた「ゴロウデラックスから……」というメールが飛び込んできて、なんと同じ番組!と狂喜。オンエアは2012年2月でした。ゲスト出演した山元さん、こちらもさすがはテレビ慣れしてサービス精神のかたまり。好評でふたたびAmazonランクもすごかった。

 そして今回、奇跡の同番組同編集者担当3冊連続という世界記録(たぶん)を樹立することとなった該当本が『日本は、』(彩流社)。84歳のアメリカ人元教授、G・D グリーンバーグ氏の発言集です。今日この記事アップして番組「ゴロウ・デラックス」のオンエアは明日というなんともパブリシティ臭ぷんぷんのタイミングとなりましたが、これはさすがに偶然じゃなく調整ですね。でも「石黒さん、その本についてここに書いていいですよ」と言われて2カ月放置してたらあとから番組が決まったという点では仕込みじゃないと申せましょう。

 ここで3冊連続に関する大事なこぼれ話しを。この番組の構成作家は、鈴木おさむさん。鈴木さんが、『日本は、』をブログで絶賛していただいたんです! これを読んで感激してたら、ゴロウデラックスの話しを頂いたのです。

 鈴木おさむさんが『日本は、』をプッシュして頂いたのは間違いないし、『負け美女』も『読む餃子』もおそらくそうであろうから、本の好みがよほど合う!と解釈していいでしょうね。

 僕はお会いしたことありませんが、鈴木さんの著書『ブスの瞳に恋してる』(マガジンハウス)の初代編集担当者は、僕の著書『2択思考』の担当、粕谷さんで同じ。表紙写真撮ってるのは飯田かずなさんで、僕は飯田さんの写真集『MIRACLE STARS』をプロデュース・編集していたりと、縁があった感じです。

コメント0

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師