• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

不況は、単純で人為的な問題だ!

『さっさと不況を終わらせろ』/『ポジティブ病の国、アメリカ』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2012年11月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

さっさと不況を終わらせろ』担当:飛鳥新社(現在) 富川直泰

さっさと不況を終わらせろ』ポール・クルーグマン著、山形浩生訳、早川書房

 今もっとも信頼できる経済学者といえばこの人、ポール・クルーグマン教授の最新刊『さっさと不況を終わらせろ』。おかげさまで7月の発売直後から大変景気よく(?)売れております。なんでも道端カレンさんも読んでくださったそうで……ありがとうございます。あ、ファンです。

 本書の主張はきわめて明快。目下の世界大不況は、ダメな政策の結果生じた、本来こうむる必要のない被害なのだとクルーグマンは言い切ります。解決策は簡単で、政府と中央銀行は財政出動と金融緩和をセットでドンとやる! 不況下で増税だの財政緊縮だのは愚の骨頂! いやはや、どこかの国のトップが聞いたらどう思うでしょうか。

 さて快刀乱麻をそのまま体現したような本書の中で、クルーグマンは目下の経済危機をめぐって面白い指摘をしています。書評などではあまり言及されていない部分なので、今回はちょっとそこをご紹介させてください。

 1つは「大きな問題には、大きな原因があるはずだ」という思いこみです。

 今回のような大惨事が、些細な原因で起こるわけがない、というわけですね。実際、世界の金融経済担当者たちが「今回の危機の背景には、複雑に絡まった根深い構造的な問題が云々」と説明するのを、私たちは何度耳にしたことでしょうか。

 もう1つは、今回の経済危機を「道徳劇」だとみなす傾向です。

 つまり経済危機は、これまでの放蕩に対する当然の「報い」であり、甘んじて苦しみを被らなければならない、というわけです。財政的な浪費が問題なら、対応策は財政緊縮しかない!という発想になるわけで、クルーグマンによれば、案外この道徳観が、緩和政策が進まない原因のひとつじゃないかというのです。

 2つとも間違っている、とクルーグマンは言います。今回の危機は「浪費」が原因ではなく、ダメな政策によって引き起こされた、本来無用なはずの苦しみである。そして問題の大きさに比して解決法は、(少なくとも経済的には)あきれるほど単純で、「時には100ドルのバッテリー交換だけで、動かなくなっていた3万ドルの車が動き出す」ものなのだと。

合理的楽観主義をいまこそ

 クルーグマンによる具体的な検証と提言はぜひ本書をお読みいただくとして、私が面白いなと思ったのはこういうことです――。何かまずいことが起こった時、しかめっ面をして「複雑で構造的な問題だ」「耐え忍ばなければならない」と言うと、なにやら思慮深いリアリストに見えます。逆に「原因も解決策もシンプルだ」という人はノーテンキなアホに見える。

 でもシンプルな論を語る人が、かならずしもノーテンキでアホなわけではありません。冷静かつ合理的に現実を検証し、その結果希望が見えるなら、賢しらに悲観論を振りかざさず理にかなった希望を語ろうとする立場のことを、科学ジャーナリストのマット・リドレーは「合理的楽観主義」と呼びます。すくなくともこの点で、クルーグマンもまさに合理的楽観主義者なわけです。

 一見もっともらしい、この不合理で悲観的な「思いこみ」が、実は不況突破の足かせになっているのでは――。クルーグマンのこの指摘、みなさんはどうお考えになるでしょうか。

 さてそんな本書の翻訳をお願いしたのは、『クルーグマン教授の経済入門』の翻訳等で日本でクルーグマンをブレイクさせた、あの山形浩生さんです。

 山形さんといえば、某大手シンクタンクでのコンサルタント業のかたわら、バロウズからケインズまで縦横無尽にカバーするスーパー翻訳家/評論家。各出版社から翻訳依頼が殺到しており、つねに10冊近いバックオーダーをかかえておられる超多忙人です。そして今回のクルーグマン新作は、まさに「今が旬」の内容ですから、一日も早く書店にならべたい。するとスケジュールは相当タイトになり……。さて、はたして翻訳をお引き受けいただけるものでしょうか。

コメント1

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員