• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウルトラセブンはぼくらの「文化」だ!

『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』/『音楽と音楽家』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2013年5月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

ウルトラセブンはトラウマだった

 ぼくは1964年12月生まれなので、1967年10月から翌68年9月という「ウルトラセブン」の本放送時には2~3歳。ちょうど同じ頃に放送されていた「黄金バット」や「パーマン」のほうが好きだったようだ。

 だから、セブンが記憶に残っているのは、おそらく小学生になってから見た再放送によってではないかと思われる。

 いちばん強烈だったのは、ご多分に漏れず、第39話・40話「セブン暗殺計画(前篇・後編)」(注:「篇/編」の字は放送時のママ)。自称「いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」という触れ込みどおり、分身の術でセブンを翻弄してエネルギー切れに追い込み、あろうことか空中に浮かぶ十字架に磔(はりつけ)にして、全国の子どもたちを絶望の底にたたき込んだ鳩頭の宇宙人、「ガッツ星人」の回だ。

 夕日に照らされた山上の磔刑図──。あれほど恐ろしく、衝撃的で、しかも美しい映像を、いまにいたるまでぼくは見たことがない。

 それからというもの、ぼくは「十字架」を見るのが異常に怖くなった。とくに、友達の家への行き帰りの途中にあった教会の庭。木立のあいだから白い十字架が垣間見えて、とくに夕方暗くなってから帰路を急ぐときに見てしまうと、どうしてもあのセブンの磔刑図が思い出され、心が恐怖であふれんばかりになる。でも見てはいけないと思うと、かえって目がそちらへ行ってしまう。全速力で自転車のペダルを漕いで庭園の横を駆け抜けながらも、横目でちらっと白い「それ」を目に焼きつける──それが小学生のある時期、ぼくに取り憑いて離れなかったオブセッション(妄執)であり、長じてのちも容易に消えることのないトラウマとなった。

ウルトラセブンとシューマン?

 「ウルトラセブン関係の原稿を書いてみたんだけど、いちど読んでもらえないかな」

 時は流れ──。昨年(2012年)5月、前の職場の先輩がひさしぶりに電話をくれた。話を聞きながら、脳裏に浮かんでいたのは、しばらく思い出すことのなかったその「白い十字架」だった。

 ぼくと共同経営者である鈴木茂は、ともに音楽之友社の出身で、2007年にアルテスパブリッシングを創業した。「アルテス(artes)」というラテン語は、英語にすれば「アート(art)」の複数形にあたる。「リベラル・アーツ」というときの「アーツ」だ。「技芸全般」=人間のわざをすべて対象にしたいという思いから社名に冠したものだが、やはり約20年間、音楽専門の出版社で本や雑誌をつくってきたという経験から、創業以来の刊行物の9割以上は音楽書だ。

 「ウルトラセブンの本?」──公私にわたってお世話になった先輩からの話だったが、「うちは基本、音楽出版社なんで」といって断ることになるだろうとも思った。しかし、ひさしぶりに会って積もる話も、という気持ちもあって、けっきょく原稿を持ってきてもらうことになった。

コメント5

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長