• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チャペック『ロボット』とディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

アンドロイド/サイボーグ考(16)~リラダン『未来のエヴァ』を読む(11)

2013年9月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『ロボット』とフィリップ・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の共通点と相違点

 このようにチャペックの『ロボット』は、ロボットの物語であるよりは、人間と同等な生物であるアンドロイドの物語である。人間との違いは、四点指摘されている。第一は素材が違うこと、第二は寿命が短いこと、第三は知性はそなえているが、感情はそなわっていないこと、第四は生殖によって再生できないことである。

 この『ロボット』の物語における人間とアンドロイドの違いは、映画作品『ブレード・ランナー』の原作であるディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』における人間とアンドロイドの違いときわめて類似している。この類似について考えてみると、『ロボット』のアンドロイドの意味が明確になってくるだろう。

人工の素材

 第一に、人間とアンドロイドは素材が違うとされている。同じ素材であるならば、それはアンドロイドではなく人間だろう。アンドロイドのアンドロイドたるところは、人間が人間そのものとは異なる素材で、人間と同じような生き物を作りだしたというところにある。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』ではアンドロイドは、有機物質を使って、自動車のように工場で生産されている。

 「戦争兵器のひとつであった〈自由の合成戦士〉に改造がほどこされた。惑星環境下でも作業できる人間型(ヒューマノイド)ロボット――厳密には有機的アンドロイド――が、かくして植民計画の補助エンジンとなった。……一九九〇年までにはアンドロイドの種類が、あたかも六〇年代のアメリカ製自動車のように、理解を絶するほどの細分化をとげていた」[1]のである。アンドロイドは自動車のようにさまざまな型式のものが製造されていたのである。

 『未来のエヴァ』ではアンドロイドは金属と人工の皮膚で作られる。この人工の皮膚は、手触りもまったく同じというから、『ロボット』で言われている新たに発見された素材と同様なものであろう。いずれにしても科学的に発見できるものと想定されている。

寿命の短さ

 第二の寿命の短さも同じである。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』ではレイチェルはリックに「わたしのような人間型ロボットの平均寿命が、どのくらいか知ってるの? わたしはもう二年、こうして生きてきたわ。あなたの計算だと、わたしのいのちはあと何年くらい?」と尋ねる。しばらくたってから、リックは「あと二年くらいだろう」[2]と答える。細胞交換の問題が解決されていないからだという。人間が同じ素材で人間を再生した場合にも、クローン羊が寿命が短かったことを思い出すと、同じような問題が発生するだろう。

[1]フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』朝倉久志訳、早川書房、24ページ。
[2]同、258ページ。

コメント0

「ウェブ読書会」のバックナンバー

一覧

「チャペック『ロボット』とディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO