• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第15話「社長は情報を提供するのはCIOだと思っていた。これは間違いだ」

2013年10月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

バンコク

 「経済連鎖全体のコストを把握するとともに、経済価値連鎖で付与される価値を最大にする管理会計システム」の設計を依頼された真理は、次の日、達也から食事に誘われた。

 2人で食事をするのは、久しぶりのことだ。真理は、行きつけの根津の寿司屋で、しばしば達也と食事をしたことを思い浮かべた。ジェピーでいやなことがあると、達也は真理を誘って、あの源さんが握る寿司をお腹いっぱい食べたものだ。達也は、湯飲みほどの大きさのぐい飲みで、ぬる燗をあおり、酔った勢いで、柔道で鍛えた腕を突き上げ、雄叫びをあげた。

 楽しかったな、と真理は思った。

 達也は真理を、リージェントホテルの1階にあるタイ料理レストラン「スパイシーマーケット」に誘った。ここはカジュアルで、しかも、タイの皇室御用達のお店だ。

 テーブルに腰を下ろすと、民族服を着た女性がやってきて両手を合わせた。

 「ご注文は何でしょうか」
 「最初は、冷えたビール。それと、ソムタムを一つ」

 しばらくして、ビールと料理が並んだ。ビールは、生産国で飲むのが一番おいしい。とりわけ、タイで飲むタイのビールは最高だ。

 「乾杯」
 達也と真理はグラスを重ねた。

 「仕事の話と、ちょっとボクにとって深刻な話がある、どちらから始めようか」
 達也は突然話し出した。

 「仕事にしましょう。団さんの深刻な話は、酔いが回ってからがいいな」

 その時の真理が見せた仕草は、昔のままだった。短大を出てジェピーに入社してから、会計に目覚め、税理士を目指し、2年で全科目合格するほどの頑張り屋だ。しかも、その後、世界に羽ばたき、いまや英語を使いこなすビジネスパーソンに成長した。達也は、そんな真理をすてきな女性だと思った。

 「マネジメント、R&D、マーケティング、財務の機能だけを、わずかな知識労働者と情報システムを駆使して運用していこうと思っているんだ。

 それぞれの最高責任者は、CTO(最高技術責任者)を金子さん、CMO(最高マーケティング責任者)をリンダ、CFO(最高財務責任者)をきみ、そして、CEOはボクが務める。それから、情報システム部は置かないできみの財務部直轄にする。つまり、きみにはCFOだけでなくCIOも兼務することで、情報処理の最高責任者になってもらいたい」

コメント0

「熱血! 会計物語~団達也が行く season4」のバックナンバー

一覧

「第15話「社長は情報を提供するのはCIOだと思っていた。これは間違いだ」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長