• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

機械は意識をもたないか

アンドロイド/サイボーグ考(27)~ バトラー『エレホン』を読む(1)

2013年11月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人間と機械

 さて今回からしばらく、サミュエル・バトラーの『エレホン』の抜粋をお読みいただくことにしよう。その前に、この連載のだいたいの流れを振り返っておこう。この連載は、アンドロイドとサイボーグというテーマで、人間と人間以外のさまざまな事物の関係を考えている。アンドロイドのテーマでは、人間でないものが人間になる可能性と夢想を取り上げ、サイボーグのテーマでは、人間が現在の人間でない存在になる可能性と夢想を取り上げる。

 アンドロイドのテーマの系統ではこれまで、ピュグマリオンの幻想と、『未来のエヴァ』の幻想を考察してきた。ピュグマリオンは、美しくはあっても堕落した生きた女たちに絶望して、純潔な乙女の石像を掘り上げて、それが魂と生きた肉体をもつことを願ったのだった。『未来のエヴァ』では、美しい身体をもった女性の卑俗な魂に絶望したある男性のために、世紀の発明家が金属でアンドロイドの女性を作りだし、それに素晴らしい身体と魂を与えることを試みたのだった。この物語はあくまでも科学的に可能な方法を追求しようとしたために、身体では人造の皮膚に頼り、魂では別の女性のテレパシーのような方法を利用したのだった。

 チャペックの『ロボット』やフィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』では、科学的な方法の可能性についての追求はなく、ただ工場で人間そっくりの生き物が生産できるようになったと語るだけである。物語はそれを前提にして始まるのである。しかし『未来のエヴァ』ではその可能性をあくまでも追求することに物語の焦点を置いた。どうすれば人造の人間ができるか、どうすればそれが本物の人間であることを証明できるかが物語を構成するのであり、この証明は、その人形を与えられた男性が、人形を愛せるかどうかという賭けとして表現されたのだった。アンドロイドが可能であることを前提として始まるほかの物語とは対照的に、この物語はアンドロイドが可能であることが明らかになったところで終わるのである。

 『未来のエヴァ』の面白さとその破綻の理由はこの賭けの可能性と不可能性にあるわけだった。そしてこの男性がアンドロイドを愛することができない理由は、何よりもそれが機械で作られたものであるということにあった。機械仕掛けについての人間の興味と反感は、科学時代に入ろうとするこの時代に特に重要なテーマとして取り上げられたのだった。

 マルクスは数十年前に刊行された『資本論』において、近代の機械工場では、マニュファクチュア時代とは異なり、いかに機械が資本主義的な生産の中心となり、人間はいわば機械の一部に貶められてしまっているかを明らかにした。これからお読みいただく『エレホン』の著者サミュエル・バトラーは、リラダンと同時代の風刺小説家であり、このユートピア物語を語るにあたって、人間がやがて機械の奴隷になるのではないかというと恐怖に焦点を当てるのである。

エレホンと機械

 この物語はまず通例のユートピア物語と同じように、主人公が人々の足を踏みいれることのない土地を訪ねて、まったくのユートピアにたどりつく過程を語るところから始まる。いささか長すぎるこの前置きの部分を終えて、やっとエレホンにやってきた彼は、ごく普通のみなりをしていた。そしてまず驚いたのは、この国の住民の身体がギリシア彫刻の像のように美しいこと、身体が鍛えられていることだった。次に驚いたのは、この国には機械らしい機械が存在しないことだった。

コメント0

「ウェブ読書会」のバックナンバー

一覧

「機械は意識をもたないか」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長