• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第26話「あんなに優秀で、偉ぶらない女性がいるなんて」

2014年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

MCN創立総会前日

 達也は住み慣れた千駄木のアパートで、新会社の創立パーティーでのスピーチ原稿に目を通していた。これまで何度も挫折を繰り返したが、やっとスタートラインに立てた。まず、そのお礼を言いたい。

 会社を立ち上げてからこれまで、慢心する事は決してなかった。そして真理もまた、自身の成長を客観的に見つめ、おごる事はなかった。短大を出てジェピーに入社し、経理担当として働いていた頃と比べ、真理は見違えるように成長した。いまでは上海とパリ、そしてASEAN諸国を行き交うエグゼクティブ・ウーマンだ。だが、日本にいる時は、北千住の実家から電車で通勤している。

 (決断の時だ)

 達也は真理との将来に思いを馳せた。達也はある事を実行に移そうと思っていた。

 真理を母校シンガポール大学に留学させるのだ。これまで積んできた実務経験を踏まえて、ビジネスと会計を本格的に学んでほしい。真理はまだまだ伸びる可能性を秘めている。そう思っているのは達也だけではなかった。リンダも真理の潜在能力を認めていた。

 「あんなに優秀で、しかも偉ぶらない女性がいるなんて、私は真理以外知らない…」
 フランス人のミミも同じ事を言っていた。

 これ以上真理の人生を拘束してはならない、と達也は思った。明日の創立パーティーでは真理へ感謝の言葉を伝えよう。そして、もっと大きく羽ばたいてほしいと告げるのだ。

機内

 ニューヨークJFK空港を13時15分の定刻に飛び立ったJL005便は、順調に成田空港に向かって飛行を続けていた。ファーストクラスの最前列の席には白人の初老の男がいて、離陸以来、食事もとらずにiPadを見続けていた。UEPCの社外取締役であり弁護士のキース・ジャクソンだ。キースの目的は、明日、東京都内の高級ホテルで開かれるMCN社の創立パーティーの出席だ。だが、UEPCもキース本人も、MCNの株主でも、債権者でも、招待客でもなかった。勝手に押し掛けようとしているのだ。

 食事の時間が過ぎた時だった。客室乗務員の制止を振り切って、小柄な男がファーストクラスに現れた。

 「ミスター・ジャクソン。ファーストは広々としてますな。エコノミーとは雲泥の差だ」

 安ワインの匂いを漂わせてやってきたのは、間中だった。

 「明日の事を思うと、もうじっとしていられないんですよ」

コメント0

「熱血! 会計物語~団達也が行く season4」のバックナンバー

一覧

「第26話「あんなに優秀で、偉ぶらない女性がいるなんて」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長