• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウェブ2.0以降の世界はどう変わったのか

『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』/『「Gゼロ」後の世界』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2014年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』小林 弘人 著(PHP新書)

担当 藤岡 岳哉(PHP研究所 新書出版部)

「『遺作』にしていい」と著者がいった本

「遺作にするならこれだ、と思う気持ちで書いた」

 この本をつくり終えたとき、小林さんがふとこぼした言葉です。いま死んだら本書が代表作といわれるだろう。そう書き手が感じた著書に熱量がこもっていないはずがない――。編集者冥利につきるとは、まさにこのことでした。

 梅田望夫さんの『ウェブ進化論』がベストセラーになってから8年。情報が送り手から受け手への一方向ではなく双方向性をもつ「ウェブ2・0」の概念は、いまや「みる側の人間」が投稿やクリックなどでコンテンツをつくりあげる「食べログ」や「クックパッド」などですっかり、当たり前の風景になりました。

 しかも、当時はまだ揺籃期だったフェイスブックが爆発的な勢いで世界に広がり、私たちがコミュニケーションをとるときの必須ツールといえるほどに。これほどまでにウェブが「暇人のもの」どころか「リア充のもの」になるとは、誰が予想できたでしょうか。

 さらにグーグルグラス、クルマの自動運転……と次々現れる新テクノロジー。ビッグデータを駆使した「機械学習」の衝撃も語られるなか、しかしこうした混沌状況を明確に説明し、その先を見通す本が世の中にない。「ウェブ2・0」以降の議論はどこまでアップデートされたのか……そう感じたことが、本書の企画を立ち上げるきっかけでした。

驚くべき予測の正確さを誇る人

 しかし、そんなものすごいビジョンを誰に語ってもらうのか。そこで頭に浮かんだのが、小林さんだったのです。私事ながら、小林さんが創刊した『サイゾー』は学生時代の私の愛読雑誌。宮台真司さんと宮崎哲弥さんの「M2対談」、山形浩生さんの「山形道場」で学んだことは、いまでも自分の考え方に強く影響しています。

 その後、縁あって編集者としても何度かお仕事をする機会があったのですが、驚くべきはその予測の正確さと、それを補強する圧倒的な情報ソース。インターネットが海のものとも山のものとも分からない1993年、当時のアメリカで最先端を行く雑誌「ワイアード」を日本にもちこんだ人ですから、その先見性と感度の鋭さたるや、只者ではありません。

 その「ワイアード」をともに編集し、今回の本で力を貸していただいたフリーランスの深沢英次さんも「インターネット、ブログ、ツイッター……彼が予測したものは確実に時代の潮流になった」とのちに私に語ってくれました。それから約一年。その著者が「『遺作』にしていい」というほどの密度で、本書を世に出すことができたのです。

社会はウェブをコピーする

 大きくわければ、本書は5つのテーマから構成されています。

  1. 「ウェブ2・0」といまの時代は何が違うのか
  2. いまの時代を象徴する「シェア」「オープン」という概念とは何か
  3. なぜ日本企業はそうした新時代に対応できないのか
  4. グーグルグラスやバーチャルリアリティなど、テクノロジーの進化は私たちにどんな未来をもたらすのか
  5. ポスト「ウェブ2・0」時代のなかで、いかなる価値観・視座をもつべきか

 いずれも各テーマが一冊になるほどの難問です。しかもさすが現在はデジタルエージェンシーと3Dプリント関連企業を経営し、企業コンサルティングも営む小林さん。「評論」ではなくあくまで「使える一冊」にしなければ意味がない、というのがその意向でした。

 「ウェブ2・0」とポスト「ウェブ2・0」時代の違いを象徴する言葉が「人間中心主義」。そこではフェイスブックなどソーシャルメディアの発達によって、「端末」と「端末」ではなく、「人」と「人」が直接つながるようになる。そのなかでウェブ上に「人間らしい営み」が表れてくるのは、ある意味で当然です。

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員