• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Excelニンジャ秘伝の巻物はやっぱりすごいでござる

『外資系金融のExcel作成術』/『道具としてのファイナンス』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2014年5月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

外資系金融のExcel作成術』 (慎 泰俊著、東洋経済新報社)

担当:東洋経済新報社出版局 齋藤宏軌

 実は私、Excelのド素人です。

 関数がわからないどころか、セル内の改行方法がわからず、欄外に消えたテキストを「ど、どこに消えた?!」と探し回るほどです。そんな私がなぜ本書を編集することになったのか。

 私は「Think!」というビジネス誌の編集もしているのですが、今から2年ほど前にこの雑誌で、本書の著者である慎泰俊さんの取材をしました。これが事の発端です。

 取材のきっかけは、ライフネット生命保険の出口治明さんが、慎さんの『働きながら、社会を変える。』(英治出版)という本をベタ褒めしていたこと。この本は、投資のプロとして活躍する著者が、仕事の旁らNPOを立ち上げて子供の貧困問題に取り組む様子を、生々しい描写と冷静な分析で書いた良著です。

 読み終えた私は「ぜひ一度会いたい」と思い、雑誌でキャリア特集を組んだ際に声をかけたのです。そして実際にお会いして、慎さんの人柄とプロフェッショナルとしての姿勢に惚れ、「いつかは一緒に本を作りたい」と思っていました。

 慎さんから「東洋経済から本を出したい」というメールをいただいたのは、取材から半年ほど経った頃のこと。テーマが企業価値評価なのでビジネス書に強い出版社から出したいという文面でした。このテーマは読者数を考えると難しいのですが、即座に「ぜひ打ち合わせさせてください」と返信しました。このテーマはちょっと横に置いて、慎さんにExcelの本を書いてもらおうと考えたからです。

 なぜExcelの本を慎さんに書いてもらおうと考えたのか。実は『働きながら、社会を変える。』の冒頭に、こんな一文があったのです。

「僕の主な仕事は財務モデルを作ることだった。簡単にいうと、ある投資がどれくらい儲かるのかをエクセルを使って計算・分析する仕事だ。(中略)一緒に仕事をしていたニューヨークのITチームから『TJはエクセルニンジャだ』と言われるくらい、僕はマイクロソフトエクセルを使い込んでいた」

 エクセルニンジャ――、メチャメチャかっこいいじゃないですか。「音速の貴公子」とか「ロープ際の魔術師」とか「赤い彗星」とか、この手の異名に弱い私は、本筋とはあまり関係のないエピソードとしてさらっと書かれていたこの一文を、ずっと覚えていたのです。

忍者は、日本のExcelを変えたかった

 さて打ち合わせ当日。「Excelの本を書きませんか」と言いたいところをぐっとこらえて、まずは提案いただいたテーマの企業価値評価について説明していただきました。

 会議室のスクリーンに、緑色を基調とした美しいExcelの表がプロジェクターを通して映し出される。慎さんがMacのキーボードに指を走らせると、その表が生きているかのように次々と数字を紡ぎ出し、私の脳裏に企業経営の情報や示唆が飛び込んでくる。

 何これスゴイ(笑)。

 企業価値評価のキの字も知らない私にさえ伝わる説得力。私の人生で「Excelのプレゼンを、もっと見続けていたい」なんて思う瞬間がよもや訪れるとは。

 「Excelの操作、すごいですね。こんな感じで何でもできちゃうんですか」と、賞賛の皮をかぶったおねだりをしてみると、「ええ、たとえば」と家計簿をサクサクっと作る慎さん。その間、10秒程度(筆者体感時間)。

 Excelド素人の私でも、目の前のエクセルニンジャがExcelの本を書けばすごいことになるくらい編集者の本能でわかるというものです。

 こうして慎さんにExcelの本を書いて貰おうと決めた私ですが、確認しておかなければならないことが3つありました。

コメント0

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士