• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本のデッカい技術を現場で感じろ!

『メガ! 巨大技術の現場へ、ゴー』/『理不尽な進化』

  • ザ・絶賛エディターズ

バックナンバー

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【私が編集した本読んで下さい!】

メガ! 巨大技術の現場へ、ゴー』(成毛眞著、新潮社)
担当:新潮社 ノンフィクション編集部 足立真穂

メガ! 巨大技術の現場へ、ゴー』(成毛眞著、新潮社)

 確か、著者である成毛眞さんとは、最初はこう言っていたのです。

「東京から日帰りで行けるところにしよう」

 が、本を開いていただければわかるように、北は苫小牧から南は長崎まで駆け回り、ついには成田空港から、スイスのジュネーブにまで飛ぶような事態になっていました。

 最初の取材は、東京・目黒の池尻大橋駅そば、首都高速道路中央環状線の大橋ジャンクションだったのですが。

 不思議なもので、大きなものを見続けると、取材するこちらの気持ちも大きくなっていきます。とにかく行ってみよう! と、どこからわいてくるのかこの使命感。

 なにがうれしくて札幌に日帰りをしているのか。もちろん、見に行きたいものを優先した結果ではあります。そもそも「巨大で普段見られないもの」を求めていたわけですから、「東京から日帰り」というのは、おさまるはずのない条件だったともいえます。が、しかし!

ド派手・大人の社会科見学

 冒頭から苦労話になってしまいましたが、「距離をモノともせず、時間と手間を惜しまずのド派手・大人の社会科見学のまとめ本」。ひとことで表すとこんな本です。今数えたら、写真は88枚、地図や図版は35点! ようやるわ。そんな独り言を禁じえません。

 ですが、回数を経て学ぶことも多い取材でした。まず、数を多く見ることでわかってくることがあります。同じジャンルのものに一定数触れると、自分なりの価値基準ができあがる経験はだれしもがお持ちではないでしょうか。

 今回の取材でのそれは、「巨大な建造物ほど、緻密な技術の積み重ねによってできている」ということでした。実際に現物を見ていくと、それが実感されるのです。そして、当たり前かもしれませんが、その現場には、必ずそれを支える優秀な人物がいる(そのうちの3人を成毛眞さんにあげていただいた記事はこちら)。

コメント0

「絶賛!オンライン堂書店」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授