• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

EMFリポート

EMFリポートの一覧ページです。

バックナンバー

「SDGs」の真価(2)経営との統合へ 中期経営計画に組み込む
SDGsを考慮して中期経営計画を策定する動きが目立ってきた。経営層から一般社員まで、意識と行動の変革を促せるかが鍵を握る。 (2018/01/17)

取引先から社員、実習生まで 足元に広がる人権リスク
国内外の両面から、人権が経営リスクになってきた。途上国の委託先工場、国内従業員、外国人実習生の問題が目の前に立ちはだかる。 (2018/01/17)

コーポレートガバナンス 「日本型経営」の課題
国内外の投資家は、日本のコーポレートガバナンスの変革を求めている。伝統的体制をどう変えていくか、具体策を示す。 (2018/01/17)

「ESG情報開示」のツボを「投資家が評価する報告書」に学ぶ
企業と投資家の「対話」のツールとなるのが統合報告書だ。成長戦略をどう分かりやすく伝えるか、4社の事例に学ぶ。 (2018/01/17)

イチから学ぶ「ESG」(2)鍵を握る投資家との対話 
投資家や運用機関によって注目するESGのテーマは異なり、見極める必要がある。企業の存在価値や展望、実現の道筋、重要課題を話すことで信頼関係を築ける。 (2018/01/17)

ESG投資をひきつける SDGsで伸びる企業
海外が中心だったESG投資が国内でも着実に拡大しつつある。国連持続可能な開発目標(SDGs)で伸びるビジネスが投資の対象になる。 (2018/01/17)

「SDGs」の真価(1)12兆ドルの新市場に企業が押し寄せる
SDGsへの貢献をアピールする企業が急増している。12兆ドルともいわれる商機を手にできるか、競争は始まったばかりだ。 (2018/01/17)

イチから学ぶ「ESG」(1)「巨鯨」が動き本格化 57兆円を呼び込む
日本でESG投資が拡大した。世界最大の機関投資家GPIFの動きや国策が後押しする。投資家の狙いを見定め、適切な情報開示で投資を呼び込むチャンスが到来している。 (2018/01/15)

GPIFが1兆円のESG投資を開始 公開情報が投資呼び込む鍵に
GPIFがESGインデックスを用いて日本企業への1兆円の株式投資を始めた。統合報告書や環境・CSR報告書での情報開示が評価を得るのに必須となる。 (2018/01/16)

住友商事 バイオマス発電のトップランナー
FIT開始前の2005年に木質バイオマス発電事業に参入し、最大規模を誇る。商社の総合力を生かし、規模の追求と、環境や地域貢献との両立を目指す。 (2017/12/18)

これ以前の記事

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2018 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」