• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エコニュース

2013年7月24日

トヨタ自動車、パーソナル移動支援ロボットの公道実験を茨城県つくば市で開始

 トヨタ自動車は、開発を進めている立ち乗り型パーソナル移動支援ロボット「Winglet(ウィングレット)」の歩道での公道実証実験を茨城県つくば市で同市と始める。公道を使ったウィングレットの実証は初めてとなり、将来、公道(歩道)利用を可能にすることを目的に、2013年度から3年計画で安全性や実用性、利便性を検証する。

 ウィングレットは、立ったまま乗って重心を移動させて進む1人乗りの電動2輪スクーターで、最高時速は6kmとなる。トヨタは、行動範囲の拡大につながる優れた使用性を、生活空間で使いやすいコンパクトなサイズで実現した次世代のモビリティー(移動手段)と位置付けている。日本でも販売されている「セグウェイ」に似た機能を持つ。

 つくば市の公道での実証実験は7月24日に始め、2013年度は安全性の検証を重点に実施する。8台のウィングレットを使い、つくば市などの職員が通勤や外出の際に公道で利用し、走行の安全性や、歩行者をはじめ他の交通との親和性を評価する。2014年度以降は需要見込みや、市民の移動支援、地域の活性化、環境改善効果などを検証する。

 つくば市は「つくばモビリティロボット実験特区」に認定されていることから、通常は認められていないパーソナル移動支援ロボットの公道走行が実験的に可能になっている。2011年6月から現在までに7000kmを超える実験を行ってきた。同市は、ウィングレットでの公道実験開始は環境負荷の低いまちづくりを進めるうえで意義がある、としている。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2015 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」