• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エコニュース

2013年12月11日

帝人フロンティア、共同展開している病院カーテンのリサイクルシステムを拡大

 帝人の100%子会社で繊維原料・産業資材の帝人フロンティアは、医療・福祉施設用のカーテンリース事業のキングラン(東京・千代田区)と共同展開している病院カーテンのリサイクルシステムを拡大する。キングランがカタログに掲載するカーテンの全生地について、改正グリーン購入法に対応したリサイクル商品に全面的に変更した。

 この病院カーテンリサイクルシステムは「KGリサイクルシステム」と呼び、2011年1月に両社で始めた。帝人のポリエステル製品循環型リサイクルシステム「エコサークル」を活用する。エコサークルは回収品を化学的に分子レベルまで分解して石油から製造する場合と同等品質の製品に再生でき、何度でも繰り返しリサイクル可能になる。

 KGリサイクルシステムでは、キングランが、リサイクルできるカーテンをリース・販売するとともに、使用後に不要となったカーテンを回収し、帝人フロンティアが回収したカーテンをポリエステル繊維などに再生する。一度エコサークルに適用されたカーテンは半永久的にリサイクルでき、石油資源の使用抑制と廃棄物削減が可能になる。

 今回キングランは、これまで以上の環境負荷低減を目的に、医療・福祉施設向けのカーテンカタログ掲載の生地全てをリサイクル対応にした。これによってKGリサイクルシステムの稼働率を高めることができる。2013年度は関東地区を中心に約10t、2014年度は関西、九州を加えた約20t、2015年度には扱う全カーテン約400tをリサイクルする。

(日経BP環境経営フォーラム

環境ブランド調査 2017 環境に関する企業ブランドランキング

Nikkei BP Eco-brand Survey 2016

環境・CSR報告書大全 2017 DVD-ROM サポートWEB

会員専用オンラインセミナー ログイン

環境経営フォーラム2017活動のご案内

Nikkei BP Eco Management Forum. An invitation to take action 2017

トップが語る 環境経営 時代の証言 2010-2013

日経エコロジー ― 環境対応と社会課題解決で経営を革新する ―

環境と共に成長する 日経エコロジー

別冊・書籍のご案内

書籍
「森で経済を作る―グリーンエコノミー時代を拓く」