日本アジアグループ傘下、国際航業は、静岡県島田市から、市内の下水処理場「島田浄化センター」の屋根貸し太陽光発電の事業者に選定され、4月17日に協定書を結んだ。同社は、空間情報技術・建設コンサルタントサービスを展開している。今回、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づき、発電した電力全量を中部電力に売電する。

 島田浄化センターの水処理棟屋根を有効活用して太陽光発電を実施する事業で、島田市が設置事業者を公募した。約2048.86m2の立地面積があり、出力は196kWと一般住宅の太陽光発電システム約50世帯分となる。杉の木8200本分に相当する117tのCO2排出削減量を見込む。8月に工事を始め、11月の完成を予定している。

 国際航業は募集にあたり、災害時の非常用電源の提供、移動可能な蓄電池の設置、グリーン電力証書の寄贈、環境教育の実施、航空写真パネルの作成を提案した。グリーン電力証書は3年間寄付し、環境教育では説明員を派遣するとともにパンフレットを作成する。こうした提案などが島田市に評価され、発電事業者に選ばれた。

 国際航業は、自治体の基本計画と連携した太陽光発電など分散型エネルギーの設置・運営を手掛けている。島田市の事業では地元への経済効果や環境教育に関して市と協議しながら、市が目指すまちづくりに協力する。島田浄化センターは大井川沿いにあり、敷地内にビオトープ(生物の生息空間)が設けられている。

(日経BP環境経営フォーラム

▼関連情報