• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

震災やタイ洪水をモノ作りの未来を考える契機に

モノ作り以外で勝ち抜く戦略を構築せよ

  • 石川 香苗子

バックナンバー

2011年12月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災に続いてタイの大洪水でも起きた操業停止の連鎖。東京電力福島第1原子力発電所の事故で崩れ去った安全神話、そして広がる日本企業の技術力への不信……。

 この2011年ほどモノ作り立国としての日本の威信が揺らいだ年はかつてないだろう。こうした事態を契機として日本企業が次に目指すべきものは何か。それは従来のモノ作り立国への回帰ではなく、新たな強みの構築ではなかろうか。

 モノ作り偏重から脱却した先に築くべき日本企業の新たな姿とは──。論客へのインタビューを通して模索していく。

 初回に登場するのは、一橋大学大学院国際企業戦略研究科の名和高司教授。同教授は、経営コンサルティング大手マッキンゼーで情報通信や自動車などのハイテク企業の戦略立案などに長年携わってきた。グローバル競争に勝ち残る企業のあり方として、モノ作りに立脚しない事業モデルを提言する。

(取材構成は、石川香苗子=フリーライター)

―― 東日本大震災に続いてタイで起きた大規模洪水でも、製品の生産を停止したり減産したりする事態が世界的に広がりました。欧米の企業にも波及しましたが、お膝元の日本で起きた震災はもとよりタイの洪水でも、最も影響を受けたのは日本の企業です。同じようなことが起きないように、日本企業は何を見直さなければならないのでしょうか。

名和:私の考えを述べる前に、まずは日本の企業が震災やタイの洪水で起きた事態を受けて、自社のオペレーションをどう変えようとしているのかを整理しておきましょう。

 震災やタイの洪水によって生産停止や減産が広がったのは、主に2つの原因があります。1つは、自社の工場が被災して生産ができなくなったこと。もう1つは、自社の工場は被災していなくても、部品や素材のメーカーの工場が被災して、部材を調達できなくなったことです。

 この2つの原因を受けて、いま日本企業が取り組み始めているのは、生産の分散化と部材調達の複線化の大きく2つになります。

部材調達の複線化に伴って生じる課題

 部材の調達については、特定の地域や企業に集中していたことがあだとなりました。そこで、複数の企業から部材を調達するようにする。それも、カントリーリスクや為替リスクを考慮すると、なるべく複数の国・地域から同じ部材を調達できるようにした方がいい。

 このように部材調達の複線化を進めるためには、複数の異なるサプライヤーが同じ部材を生産できるように、完成品メーカーは部材の設計の標準化を進める必要があります。そうなると、従来は特注品であるために完成品の差異化に貢献していた部材がどんどん汎用品と化し、完成品の差異化に結びつかなくなります。

 では、部材に代わって、製品を差異化する要素を何に求めるか。これが日本企業にとって新たな課題になります。この課題をどう克服するのか。この点については後で述べましょう。

コメント17

「激動の年の瀬に考える新たな針路」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師