• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金儲け主義はマイナス。ファンを大切にする姿勢で47年

ピーター・バラカンさんインタビュー

  • 山中 浩之,竹内 靖朗

バックナンバー

2012年2月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英国出身の音楽評論家、ラジオDJのピーター・バラカンさんは、もう30年以上、日本で音楽番組のパーソナリティを務めてきました。メジャーや流行に左右されず、自分が本当に好きな海外のポップミュージックを紹介するスタイルで、熱心なリスナーが多い方です。

 そんなバラカンさんが「好きなアーティスト」として公言するバンドが、アメリカ西海岸のヒッピー・カルチャーの象徴であるグレイトフル・デッド。ファンを大事にする姿勢を貫き、「金儲け主義」に走らなかったからこそ、インターネット時代に重要な、人を惹きつける魅力を獲得できた、と語ります。音楽を愛する人の立場から、彼らに「マーケティングを学ぶ」本をどう読んだか、お聞きしました。

―― ピーター・バラカンさんは、ご自身のラジオ番組「BARAKAN MORNING」でこちらの本『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』を取り上げてくださいました。以前よりグレイトフル・デッドのファンだったとうかがっています。

ピーター・バラカン氏(写真:陶山 勉、以下同)

バラカン:番組のリスナーの方がメールで、「こういう本が出ているよ」と教えてくださったんです。実は日本版を待てずに、原書のほうを先に読みました。グレイトフル・デッドがライブを中心に活動していて、ファンを大切にしてきたことは、もちろん昔から知っていましたが、それをビジネスに当てはめるという着眼点が面白いですね。この日本語版も売れているんですって?

―― おかげさまで、増刷して現在5刷になり、3万部を超えました。

バラカン:日本でですか? それはすごいですよ。グレイトフル・デッドについての本がそんなに売れるなんて。日本では彼らの名前は、知っている人はよく知っているけれども、知らない人はまったく知らないでしょう。グレイトフル・デッドの名前を聞いたことがあっても、1曲も聴いたことがないという方が圧倒的に多いでしょうね。ビジネス書として売れているんですか?

ファンは彼らのやっていることを「マーケティングだ」とは全然思っていない

―― 書店では、ビジネス書やマーケティングのコーナーだけでなく、音楽の棚にも置いていただいていて、そちらでもかなり売れています。

バラカン:もちろん日本にも彼らの熱心なファン、いわゆる「デッドヘッズ」は一定数はいます。デッドのファンはものすごく忠実なんです。ただ、この本を読めばよく分かると思うんですけど、なぜファンが忠実なのかというと、ファンは彼らのやっていることを「マーケティングだ」とは全然思っていないからなんですね。

 デッドはヒッピーの精神をずっと忘れずに活動していて、ファンのことをとても大事にしてくれる。例えば、これも本に出てきますけど、コンサート会場には「テーパー」と呼ばれる、ライブを録音する人たちのために、マイクなどの録音機材を置く場所を確保していました。そんなふうに、どうぞ録音してくださいという姿勢を取ったのは、グレイトフル・デッドが初めてだったんですよ。

 リーダーのジェリー・ガルシアは、「自分たちが演奏した音は、我々の手を離れれば空気の中に放たれるものだから、みんなのものだ」という考えを持っていたんです。演奏したら、もはや我々だけのものではない、と。これは、本当にヒッピーの精神なんですよ。

(撮影協力:「ダイニング&バー 2031」東京都渋谷区神山町16-4)

コメント0

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長