• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「立ち上げ時の熱気に魅了されて今がある」

「宅麺」のグルメイノベーション社長 井上琢磨氏

  • 平野 武士

バックナンバー

2012年3月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 往々にして培ってきたキャリアを捨てるのは難しい。役員レベルまで上り詰めるとなおさらだ。比較的、人材流通の活発なIT業界でも、「立場」を捨てるのには勇気がいる。
 今回、取り上げる井上琢磨氏はインターネット広告代理店サイバーエージェントに創業期から属し、その後はトラフィックゲート役員を務めた。そして、今は有名なラーメンをEC(電子商取引)で販売する「宅麺」を手掛けるグルメイノベーションの創業者兼社長だ。意外な転身の背景にあったものは何だったのだろうか。

宅麺はどういうサービス?

井上琢磨氏(写真:陶山勉)

井上:店舗で提供しているラーメンをそのままの品質でお取り寄せできるサービスです。インターネットで販売します。よく勘違いされるのですが、似たような味を再現して工場で生産するわけではありません。店舗で作っているスープや具材、ゆでる前の麺をそのまま冷凍パッケージするため、お店の味そのままを自宅にいながら楽しめます。我々が足を使って口説き落としていった有名ラーメン店に専用キットをお渡しし、袋詰めしていただいています。原材料以外の費用が発生せず、その上キッチンや従業員の空いた時間を有効活用できます。また、実店舗の物理的な商圏の限界を超えて販売できるため、売り上げに大きく貢献できます。利用者にとっては店舗に並ばずに食べられるのがメリット。日本全国のラーメンが自宅で食べられるというメリットのほか、小さなお子さんのいる家庭ではなかなか店舗に足を運べませんから、宅麺によってこうした新しいニーズが生まれているのが現状です。

 もともとはずいぶん昔に考えていたアイデアでした。小さくやってみようかなと周りに声をかけたこともあったんですが、本格的にこの事業に注力しようと決断して立ち上げたのは2010年4月になります。ちょうど2年ほど経ちましたが、お祭りのように時間が過ぎていきました。もともと身を置いていたIT業界を中心に知っていただいている人は増えてはいますが、一般的な認知度はまだまだです。

―― もともとはインターネット広告代理店のサイバーエージェント出身ですよね。

井上:社長の藤田晋さんをはじめ僕を入れても4~5人くらいの時でしたね。インターンで働いてみて、とにかくサイバーエージェントの創業期の熱気に魅力を感じて入社を決めました。営業には全く向いていないと思っていたんですが、気がつくと会社の売り上げの3割ぐらいを担っていましたね。

 その後、サイバーエージェントの100%子会社でアフィリエイト広告を取り扱うトラフィックゲートの立ち上げに加わりました。その後、楽天アフィリエイトの立ち上げに伴い、トラフィックゲートが楽天とサイバーエージェントの合弁会社になったんです。立ち上げから約9年間で売上が60億円ほどの規模になり、上場を目指していました。上場直前までいったんですが、楽天の方針転換により上場は取りやめに。結局、トラフィックゲートは楽天の100%子会社になりました。

 その後、楽天と三井物産の合弁会社のリンクシェアと合併をすることが決まり、僕自身も別のステージに進むことにしました。さぁ次に何をしようか。転職するイメージはありませんでしたので、自然に起業かなと思い始めていました。ただ、広告畑で育ってきていましたから、はじめは広告周辺のビジネスで起業するイメージを持っていました。今でも覚えていますが、2009年12月から3カ月間、色んな人にたくさんお会してはアイデアをぶつけるということを繰り返していました。その中に現在、グルメイノベーションの設立パートナーである野間口兼一氏がいたんです。彼は飲食経営をずっとやっていて、飲食店事業の難しさを知っていました。成功した店舗が2店目、3店目と拡大していってもリスクはあまり変わらない。コストメリットもそんなに出ない。なかなか儲けるのが難しいんだよという話を聞きました。彼は空港内で飲食店事業を展開していたこともあり、特に自分の意志で売り上げを拡大させるのが難しかったみたいです。発着ロビーが変わったり、空港内の導線が変わったりするだけで売り上げに大きな影響が出てしまう。そこで宅麺のアイデアを話してみたところ、「それはいける!」と。飲食店が場所で固定されている辛さを誰よりも知っていた彼だからこそ、レバレッジが効いているモデルに見えたんでしょう。その時の熱気は凄かった(笑)。その時に、彼とこの事業で立ち上げようと決めました。

 実際に動き出したのは2010年の3月末。会社を辞め、4月に法人登記しました。会社を辞めてベンチャー企業を立ち上げるって一言で言っても色々と考えなければならないことがあります。収入がなくなることが分かっていましたので、前職の信用がある間に家でも買っておこうと思いました。もともと楽観的なところもあって、収入が無くなるのも一時的かなと思っていました。1年後は儲かってるだろう!とね。現状はまだまだですが(笑)。

「レール無き道 起業家、決断の時」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長