• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グローバル化したいのにできない理由

日本企業の3つのDNAを捨てられますか?

2012年3月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「将来、どの位海外で事業をやっていると思いますか?」-上場企業に聞いてみた(※1)。

(※1)「在外子会社のマネジメントとグローバル人材育成」日本CFO協会 2011年12月

 答えは図の通り。「将来」を3-5年後ととらえれば約1/3の企業が、10年後ととらえればほぼ半数近くの企業が、売上高の半分を海外で稼ぎ出すことになりそうだ。現在、売上高の50%以上が海外から、という企業は2割に満たないことからすると、これから起こる変化は大きい。世の中の企業が挙げて「グローバル化」を唱えるのもさもありなん。

 だが、そのための備えは本当にできているのだろうか。今回はそんな疑問を追ってみたい。

 「グローバル化」が、単に事業を拡大していくだけならこれほど容易いことはない。「グローバル化など我が社はとっくの昔に済んでいる。生産工場も海外にあるし、海外販売拠点も数多い」などと言う人もいる。だが、それらは“オペレーションのグローバル化”にすぎない。現在求められているものは“マネジメントのグローバル化”だ。これは難しい。経営のやり方自体を変えていかなければならないからだ。

裏目に出ている日本型経営

 「日本型経営」は確かに一世を風靡した。改めて'80年代の米国における経営戦略本などを紐解くと、こちらが気恥ずかしくなるほど日本の経営が礼賛されている。確かに、当時日本的な経営は確かに成果を挙げていたし、そこから学べるものは今でも多い。だが、次の時代に向けての変革において、もっとも障害になるのはこの種の“成功体験”であることも、皆さんご存知の通りである。時代が変わって今や裏目に出ている我々の“成功体験”としての日本型経営の特徴は、おそらく以下の三つに集約される。

(1)テレパシー経営、
(2)きれいごと経営、
(3)ボトムアップ経営。

コメント16

「グローバル経営、勝負の分かれ目」のバックナンバー

一覧

「グローバル化したいのにできない理由」の著者

松田 千恵子

松田 千恵子(まつだ・ちえこ)

首都大学東京大学院教授

1987年東京外国語大学外国語学部卒業。2001年仏国立ポンゼ・ショセ国際経営大学院修士。日本長期信用銀行、ムーディーズジャパンを経て、コーポレイトディレクションなどでパートナーを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員