• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女性にとってはすべての合コンが婚活ですけど、男性はそうじゃない」

『普通のダンナがなぜ見つからない?』の著者西口敦さんに聞く(後編)

  • 加藤 レイズナ

バックナンバー

2012年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は、BizCOLLEGEに掲載された記事を転載したものです。

ネットはおすすめしません

オーネットではどういう職業の人が登録していました?

西口 そうですね。男性は技術系、ダントツに多いです。女性のほうは事務職が多い。あと医療機関従事者。看護師、医療事務。

職場に相手がいないからですか?

西口 はい。出会いが少ない業種はすごく積極的に動くんです。職場に中途半端に異性がいると、「わざわざそんなところに登録するなんて、モテないみたいでいや」って。

『普通のダンナがなぜ見つからない?』は女性向けですけど、婚活をはじめた男性に対するアドバイスは?

西口 敦(にしぐち・あつし)
1968年12月13日生。香川県出身。東京大学法学部卒業。西口敦事務所代表。金融業界(長銀、AMEX、UBS)、外資系コンサルティング(A.T.カーニー、BCG)を経て、楽天グループの結婚情報サービス大手であるオーネットにて、マーケ・広報の責任部長をつとめた。近著に『普通のダンナがなぜ見つからない?』(文藝春秋)がある。いずれ僕が本格的に結婚について考えるときがきたら、ぜひまたお話を聞かせてください!

西口 「料理男子」だの家事をしてくれる男性だの、そんなメディアが言うことに騙されてはいけません。まず何はさておき自分の経済的価値を上げましょう。仕事能力を磨けばそれがすなわち自分磨きです。もちろん女性とふつうに話せる会話力だったり、女性がいうところの清潔感が欠けてるとノックアウトファクターになってしまうので大事ですね。あ、ただ清潔なだけじゃだめですよ。

例えば?

西口 「古い」ものではだめです。女性が求めているのは「清潔かどうか」ではなくて、清潔「感」です。

見た目。

西口 ユニクロでいいから新しいものを着ましょう。そういうレベルです。

具体的に誰かにアドバイスをすることもあるんですか?

西口 男性はあまり聞いてこないですよ。だって、男にアドバイスされるのいやでしょ?

うーん、嫌かもしれない。

西口 常にライバル視しちゃうからね。こういうことは異性に言われたほうがいいんです。だから僕は女性向けを意識して『普通のダンナがなぜ見つからない?』を書きました。

同性ってありえないのかあ。

西口 同性に言われるなら、社会で圧倒的に成功している人なら抵抗がないかもしれませんね。たとえばユニクロの柳井正さんとか。あとなりたくてもなれない世界でイチローとか長谷部、羽生とかね。

イチローが毎日カレー食べていると聞いたときは、同じように食べるみたいな(笑)。

西口 女性もそう。オーネットのアドバイザーは平均年齢50代以上、70代のおばあちゃんとかいますからね。自分のライバルになりそうな綺麗な20~30代にダメ出しされたらやっぱむかつきますよ(笑)。

そりゃそうでしょうね。

コメント12件コメント/レビュー

人を結婚に追い立てる特集が長く続いていますが、そろそろ、一生シングルの人生設計の特集も組んでいただけないでしょうか。結婚しない生き方の提案ができないのはなぜでしょう?(2012/03/30)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人を結婚に追い立てる特集が長く続いていますが、そろそろ、一生シングルの人生設計の特集も組んでいただけないでしょうか。結婚しない生き方の提案ができないのはなぜでしょう?(2012/03/30)

「取材のあとに」に書いてることは結局取材できなかったんですかね?僕もその質問の答えが聞きたいです。結婚をあんまり自分のこととして考えていない人が疑問に思うことだと思うから。(2012/03/29)

結婚紹介所にとってこれを言ったら身も蓋もないのかもしれませんが、男女の価値観の違いもさながら、いい加減『結婚したら幸せになれる』との思い込みからの脱却。『結婚する』ことと『幸せになる』こととは全く別次元の問題と冷静に分析した上で、パートナー探しを勧める(あるいはシングルで生きることを決める)時期に来ているように思います。女性が家庭に入れば、当然ながら共働き時代よりも夫婦合算の可処分所得は減りますし、子供が欲しいならば、他の欲しいものも相当諦めなければ家計が成り立ちません。そんな当たり前のことを受け入れずに、たまたま結婚という名のゴール?に辿り着いても円満な夫婦関係は築けないのではないでしょうか。結婚は妥協 という言葉の裏には案外そういう意味が隠されているかもしれませんね。(2012/03/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長