• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

防災対策の考え方を改め「まさか」の事態にも備えよ

責任者の過失を問うことをやめない限り「真実」は明らかにならない

  • 家入 龍太

バックナンバー

2012年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災から1年。首都圏直下型地震や東海・東南海・南海の3連動地震といった巨大地震の発生が予想されているほか、洪水や台風、火山の噴火などほかの自然災害のリスクも山積している。にもかかわらず、危機意識が薄らぐ傾向が見え始めている。

 そこで次に起こり得る大規模災害のリスクや社会、企業、個人の備え方について防災やリスクマネジメントの専門家に聞く。今回は、「失敗学」の権威である中尾政之・東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授に、大津波や原子力発電所の事故を併発した東日本大震災のような「巨大複合災害」に対する備え方を論じてもらう。

(取材構成は、家入龍太=フリーライター)

(前回の対策を講じない企業は取引停止や株価下落のリスクもから読む)

 東日本大震災では、東京電力福島第1原子力発電所の事故を含め、地震で生じた様々な被害について「想定外」という言葉があちこちで使われた。しかし本当に想定外だったのだろうか。そうではないと私は考えている。

 例えば、福島第1原発の事故。失敗学会理事長の畑村洋太郎・東京大学名誉教授が委員長を務める政府の「事故調査・検証委員会」の中間報告が、昨年末に公表された。この報告書を読むと、事故の詳細が克明に記されている。

 原発のプロたちは全電源が喪失した場合にどう対応すべきか。いわば、「勝利の方程式」とも言える対策について知っていた。すべての電源が喪失して、非常用電源がなくなった時に、原子炉内の圧力によって非常用装置のタービンを回して、冷却水をポンプアップして冷やす、という内容がその第一段だ。

原発のプロたちは「勝利の方程式」を知っていた

 実は福島第1原発の2号機と3号機は、自動的にこうした処置がちゃんと動いていた。1号機だけはフェールセーフが働いたために動いていなかったが、オペレーターに非常時の経験がなかったので、動いていないことが分からなかった。動いていなければ、「勝利の方程式」の第2段として、何とかして別の冷却水のポンプを動かせばよかったのだが、その経験もなかったのである。

 電力とは違うエネルギーで動かせるポンプは、原発の中には消防車しかない。もっとも、消防車の圧力はたかだか10気圧だ。一方、原子炉内の圧力は70気圧くらいになっている。逃がし安全弁を開いてその圧力を下げると格納容器の圧力が上がる。そのためベント弁も開いて、圧力を外気に開放しなくてはならない。

 福島第1原発の吉田昌郎所長もその方法しかないことを知っていた。しかし、東京電力や協力会社のオペレーターはこの消防車の“裏技”を知らなかったらしく、いざという時にうまくいかなかった。

コメント4

「次の巨大災害への備えはあるか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO