• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「えっ、グローバリゼーションで建築家が競走馬に?」

21世紀に入って様変わりした出世すごろくのルート

2012年4月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、地球上で最も活発に都市が建設されている国、中国。建築に限らず、あらゆるビジネスの巨大マーケットが「隣の大国」にはありますが、しかし実態は未知という霧の中。そんな世界にいち早く飛び込み、格闘する“世界の隈研吾”が、霧の向こうに見いだした現実とは。

(取材構成は、清野 由美=ジャーナリスト)

(前回の「だって世界一周した方が断然安いじゃない?」から読む)

──前回の最後で、世界の第一線で活躍する建築家は、隈さんと同様に世界を飛び回っていて、その発端となったのが、アメリカ人の建築家、フランク・ゲーリーが1997年にスペインの地方都市ビルバオに設計した「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」だったという話がありました。

:ビルバオは地方都市といっても田舎ではなく、工業で栄えたところです。いわば“大きな地方都市”。日本では名古屋なんかに近いイメージでしたが、ただ、観光都市としてのネームバリューはなかったんです。

 それが「美術館」という建築1つで、一挙に世界的なビッグネームになって、観光客がばんばん訪れるツーリスト・ディスティネーションになった。それを僕ら建築の世界では「ビルバオ現象」と呼んでいて、その意味は何かと言うと、「建築がアイコンとして都市を救い得る」という現象の象徴になったんです。これ以降、都市再開発の周りには、このレトリックが必ず付きまとうようになりました。

建築家はエリートではなく競走馬?

── そのレトリックに真実はあったのですか。

:真実というか、工業化社会も崩壊し、金融資本主義もマイナス面ばかりが目立つようになった今、資本主義社会で唯一となる希望、願望はありましたよね。「自分たちもビルバオになりたい」という都市が世界中から次々と出て来るようになった。

 そういうアンビシャスな都市の関係者が、「アイコンを作れるかもしれない」「それで我々の都市を救ってくれるかもしれない」という希望的観測だけで、国籍とか拠点とかにかかわらず、建築家に突然お願いをしてくる、という流れになりましたから。

── “お願い”の中身はどういうものなんですか。

:直接、設計を依頼してくるというケースもありますが、大体はコンペティションです。要するに、世界中から何人かの建築家を呼んで競わせるわけ。僕らはその戦いに参加して、選ばれないと仕事が始まらないから、1年中そういうレースに駆り出されています。

 言ってみれば、毎週レースに出なければいけない競走馬みたいなものですね。だから今、建築家はそんな状況に耐えられる精神力、体力がないとやっていけない、という過酷な職業になっているんです。

── 毎週、出走ですか。

:毎週レースに出ざるを得ない。競馬って毎週開催されているけど、馬も大変ですよね。訳もなく引っ張り出されてさ。

── 競走馬に同情する。

:うん。すごく似ていますからね。

コメント1

「今日はミャンマー、明日はパリ 建築家・隈研吾が語るグローバル仕事術!」のバックナンバー

一覧

「「えっ、グローバリゼーションで建築家が競走馬に?」」の著者

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者