• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5回 「地方自治の本質は多様性にあります」 湯崎英彦氏(広島県知事)

2012年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本政策学校・代表理事の金野索一です。今回対談させていただくのは、元・経済産業省官僚であり、IT企業の副社長も務めた湯崎英彦・広島県知事です。霞ヶ関とベンチャー経営という希有なキャリアをもって知事になられました。その経験を背景に、広島発で、日本政治について語ってもらいました。

地方自治の本質は多様性

湯崎英彦(ゆざきひでひこ) 1965年 広島市生まれ。90年東京大学法学部卒業後、通産省(現経産省)入省。95年スタンフォード大学経営学終了後、98年米国ベンチャーキャピタル イグナイト・グループ出向。2000年3月に通商産業省 退官後、 株式会社アッカ・ネットワークス設立代表取締役CEO、通信の改革に取り組み、日本のインターネット基盤の確立に貢献。09年広島県知事。

金野:地方主権・地方分権が大きな潮流ですが、広島県知事として、いかがお考えですか?

湯崎知事:なぜ地方分権が必要かというと、新しい価値を創造するのに、1つのアタマ(ブレーン)で行うのには限界があるからです。既存のものでない、全く新しいものを求めるとなると、多様なアタマが必要になってきます。多様性や変化を集約することで新しい価値創造ができると考えています。

 そのために国の中に意識的に多様性を作り出すことが重要だと感じています。地方が分権により、独自の考えに基づいて独自の発展を追求することよって、国内にも多様性が生まれてくると考えます。

 また、県庁内の多様性も重要です。県庁内での仕事一筋で学んだ職員は、公務員特有の考えや仕事のやり方となってしまいがちですが、こうした職員を民間に出向させることにより多面的な考えなど培うことも可能ですし、民間ベースのアイデアを持った人を県庁の中に招き入れることもできます。こうした人が触媒となることにより、連鎖的に多様性が生まれることを期待しているのです。

予算主義から成果主義へ

金野:昨年度から管理職に年俸制を敷いたことの目的は何ですか。

知事:年俸制は、予算主義から成果主義へシフトする意識を庁内に浸透させるために制度化しました。企業は3月に決算を出しますね。1年間こういうことがありましたと、成果を示すのが成果主義ですね。

 行政における予算主義はどういうことかというと、予算を組むところがいわばピークです。予算を作り終わって、作られたものがどうなるか、ということはあまり重視されないので、本当に企業とは逆の状態といえます。だから、成果を評価・重視するシステムを確立したいというのがまず一番にありました。成果重視のシステムに移行する一環として、年俸制度的なものの導入の必要性を考えました。評価制度と相まって、年俸制は成果主義を意識させるためのひとつの手段として取り入れた結果です。

知事自らイクメン休暇をとる

金野:そういえば、知事ご自身も積極的に育児休暇をとられましたね。その理由を詳しく教えていただけますか。

知事:よく聞かれますが、女性の地位向上・男女同権とか、そういう哲学的な意識とか政治的な意図で行ったわけではなくて、入り口は違うところにありました。

コメント0

「3・11後の政治変革」のバックナンバー

一覧

「第5回 「地方自治の本質は多様性にあります」 湯崎英彦氏(広島県知事)」の著者

金野 索一

金野 索一(こんの・さくいち)

財団法人日本政策学校・代表理事 / 多摩大学経営大学院・客員教授

コロンビア大学大学院国際公共政策大学院修士課程修了。平成維新の会・政策スタッフ、政策学校・一新塾、起業家養成学校アタッカーズ・ビジネススクールの経営、公益財団法人東京コミュニティ財団評議員等を経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長