• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オフィシャルな場では人生全体の1割しか学べない

2012年4月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

景山 泰考(かげやま・やすたか)氏
キャスタリア 取締役/クリエイティブディレクター
1980年生まれ。広島県出身。
千葉大学で法律を専攻。2003年の卒業後に渡米し、ニューヨークFIT(ファッション工科大)でコミュニケーションデザインを学ぶ。在学中からフリーランスのデザイナーとして活動を始める。2005年に帰国し、Webサイト制作会社ビジネス・アーキテクツに参加。デザイナーとして企業のWebサイト構築に携わる。2009年8月にキャスタリア取締役に就任。

 「ソーシャルラーニング」というキーワードが注目を浴びつつある。ソーシャルラーニングとは、人とのつながり(社会性)を利用してより高い学習効果を得ようとする取り組みや、それを支える技術のことを指す。

 ソーシャルラーニングにいち早く注目した、キャスタリアというベンチャー企業がある。同社は2005年に起業。同社が開発したネットサービスやソフトウエアは、大学などいくつかの教育機関が試験導入を始めている。キャスタリアはIT調査会社である米ガートナーが2011年4月に発表したレポート『Cool Vendors in Human Capital Management(人的資本管理の注目ベンダー)』で、世界の「Cool Vendor(注目ベンダー)」5社中の1社として取り上げた企業でもある。

 「学校などオフィシャルな場での学びは、人生全体を通して学ぶ分量の1割に過ぎない」。キャスタリアでサービスの企画開発に携わる景山泰考取締役/クリエイティブディレクターはこう語る。「だからこそ、一生続く学びをサポートする仕組みが必要だ」と景山氏は続ける。ソーシャルラーニングを「学びの道」を助ける重要なツールと位置づける。

 景山氏に、ソーシャルラーニング一般の動向と将来の可能性について聞いた。

(聞き手は高下義弘=編集者/ジャーナリスト)

――「ソーシャルラーニング」と聞くと、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアのことを連想します。

 ソーシャルラーニングは、もともと行動心理学や社会学の言葉で、1950年代くらいからありました。集団のなかで個人から個人へと知識が伝わり、理解が深まっていく学習プロセスを指したものです。

 職場や仲間同士で作業していると、同僚からいろいろなヒントを教えてもらったり、逆に何か自分が教える中で、「こういう教え方だと相手によく伝わる」といった、相手からのフィードバックが得られたりしますよね。一般的に、仲間が多いほど得られるヒントやフィードバックの量は増えます。これは、まさにソーシャルラーニングそのものです。

 最近では、ソーシャルメディア上でも同じことが起きています。ソーシャルメディアを使って「これ何だろう?」とつぶやくと、ソーシャルメディアでつながっている友人が「こういうことだよ」と教えてくれる。また別の友人が「関連した話題でこういうものがあるよ」とアドバイスしてくれる。自分が発信したキーワードを発端に、ネット上の人のつながりを介して、知識が増えたり理解が進んだりしていきます。

 ソーシャルラーニングは、日常生活で見られるこういったつながりを理論化したものなのですが、ソーシャルメディアが浸透する中で、改めて注目を浴びるようになりました。ソーシャルメディアなどのITツールを使うことで、人のつながりを介した学びが比較的簡単になってきたからです。海外では、ソーシャルメディアなど最近登場した技術を絡めた、ソーシャルラーニングの再定義が進んでいます。

コメント0

「イノベーションの勘所 「つなぐ化」を語ろう」のバックナンバー

一覧

「オフィシャルな場では人生全体の1割しか学べない」の著者

高下 義弘

高下 義弘(たかした・よしひろ)

ライター

1974年生まれ。大学院修了後の1998年に日経BP社に入社。「日経コンピュータ」「ITpro」の記者/編集者として、IT(情報技術)と経営の動向を取材。2011年にフリーランス編集者・ライターとして独立

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長