• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「お金のバブル」をなくし、雇用を増やせ

小野善康・大阪大学フェローに聞く

2012年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新しい経済の教科書 2012」では、最近のデフレ不況の分析やその対処方法について、経済学を通した学者の方々の分析・解説も掲載しました。大阪大学フェローで、ケインズ主義を重視する小野善康氏には、独自の「不況の経済学」という考え方について熱く語ってもらいました。インタビューの一部を抜粋し、未収録部分と合わせ再編集してお届けします。

(聞き手は松村 伸二)

小野先生は不況に関する理論構造について、ケインズ主義の「短期不況」とは異なる「長期不況」を主張されていますね。

小野 善康(おの・よしやす)氏
1973年、東京工業大学卒業。79年、東京大学大学院修了・経済学博士。90年、大阪大学社会経済研究所教授。99年、同研究所所長。2010年から現職、及び内閣府経済社会総合研究所長。専門はマクロ経済動学、国際経済学、産業組織論。最近の著書に『成熟社会の経済学』(岩波新書)がある。
(写真:菅野 勝男)

小野:私が「不況の経済学」のアイデアを思いついたのは、1980年代の終わりから90年代初めの頃でした。その時はまだ日本は全く不況ではありませんでした。しかし、自分なりにいろいろと分析してみると、ずっと不況が続いて抜け出せないという恐ろしい理論的可能性が出てきました。それに、そのような場合に必要とされる政策も、それまで言われてきたものとは全く違うことが分かってきました。

 自分でも驚いて、そういう話を色々な人にした時、「間違っている」とか「理論的にはそうでも、現実にはデフレなんて考えられない」と言われましたね。私自身も含め、当時の人たちにとっては、それまでの日本経済でデフレが続いた経験などなかったわけですから、無理もないですね。

 92年に初めて理論書にまとめて、その中で、ひょっとして日本はそういう長期不況の入り口に立っているのかもしれない、ということを書きました。もう、ドキドキでした。だって、本当に長期デフレ不況になるかどうかなんて、自信もないわけですから。だけど理論的にはそう結論づけられる。これは書き留めておかないとまずいと思ったのです。そうしたら、今現在、そのようになってしまっています。

不況を引き起こす需要不足を解消するには、どうすればいいのでしょうか?

小野:不足している需要を喚起するためにどうすればいいか。我々が今知っているケインズ主義では、その時にお金をばらまくということです。お金を手にした人たちは、お店に飛んでいってモノを買う。この動きが広がることを「乗数効果」と呼んで、経済が潤う効果が指摘されますが、私は認めていません。ばらまくお金の原資はどこかから持ってこなければなりません。その時には全く同規模のマイナスの乗数効果が働く。つまりそれによって相殺されるから、効果は全部消えてしまうわけです。

 このことに気づくと次に出てくるのは、お金だけ渡して、その原資分を新たに調達すればいいだろう、という考え方です。つまり、赤字国債を発行するケースです。ところが、それでは借金を増やしているだけなのです。結局、皆さんにお金を渡し、その分の借用証書も渡すけれど、それは見ないようにしよう、という発想です。これが出てくるのは、一時不況しか頭にないからです。いずれ景気が回復してから原資を回収すればいいという理屈です。

 しかし、長期不況だと、そうした状況はいつになっても来ません。結局、不況のままで返すしかなくなり、そのとき、それまで支えていた分がすべてマイナス効果として現れてくる。それを避けていれば、赤字国債がどんどん積み上がって、いつかは返済不能になり、とんでもない金融危機が起こってしまいます。実際、今の日本でも、いつまでたっても返す時期が来なくて巨額の国債が積み上がり、大問題になっています。

コメント14

「新しい経済の教科書」のバックナンバー

一覧

「「お金のバブル」をなくし、雇用を増やせ」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック