• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

経済学で見れば「格差」は悪いことではない

小野浩・米テキサスA&M大学准教授インタビュー(2)

2012年4月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小野浩・米テキサスA&M大学社会学部准教授は、「新しい経済の教科書 2012」に再録した「ワークライフバランスは女性を幸せにするか?」で、女性の幸福度と育児や仕事との関係について社会経済学の視点から分析していました。1回目のインタビューでは、分析の背後にある経済理論について説明していただきました。2回目の本稿は小野准教授に、社会学、経済学、心理学、さらには政治学にも広がっている「幸福」を研究するトレンドと、その限界を紹介してもらいます。(聞き手は広野彩子)

1回目で、働いている日本人女性の幸福度は低いというお話がありました。それが米国の既婚女性でも同じようにデータに出ているのはなぜなのでしょう。男性もそうなのですか。

小野:実は男性は違うのです。そこが経済学と社会学の違いだと思います。男性のアイデンティティーは仕事にあり、しかも国を問わずにそうなのです。国際比較調査を30カ国やって、30カ国全部、そうした結果が出てきました。

「男は仕事を通じて幸せになる」

 定量分析で、仕事をしているか、してないかという要素が結果に与える影響を排除して解析すると、女性の場合では仕事についていてもまったく統計的な有意性がないのです。仕事をしていても仕事をしていなくても関係ない。30カ国でそうでした。ところが男性は、統計的に有意だった。男性はどの国でも「仕事をすべきだ」というアイデンティティーがまだ根付いているのでしょう。

小野 浩(おの・ひろし)
米テキサスA&M大学社会学部准教授。1999年、米シカゴ大学社会学博士(Ph.D.)。ノーベル賞経済学者であるゲーリー・ベッカー米シカゴ大学教授に師事。スウェーデンのストックホルム商科大学准教授を経て2007年米テキサスA&M大学社会学部助教授、2010年から現職。専門は計量社会学、労働経済学。
(写真:陶山 勉)

 男女平等社会と言っても、僕は個人的には何をもって男女平等というべきなのかと疑問を持つわけです。例えば男女賃金格差の100%解消がすべて、男性と女性の格差をなくすことにつながると思う人もいる。果たしてそれが「ハッピーな社会か」と言ったらそうではないと思う。

 経済学を学んだ人なら分かると思いますが、無理やり仕事をしたくない人に仕事をさせて格差をゼロにするということは、1回目にもお話した比較優位の考え方からしてもどこかで非効率が生まれる。

 貿易理論にたとえると、仮にブラジルはコーヒー、タイは米で比較優位性があったとしたら、ブラジルに米の貿易、タイにコーヒーの貿易を強いることはお互いの国にとって効率が良くないということです。

 確かに現状、私たちは完璧な社会には住んではいません。でも仮に完璧な社会になったとしましょう。機会の平等がきちんと整備され、そこで各人が自分たちの選択で仕事をした結果男女格差が生じたとする。でもそれは、自然に生まれた格差になりますね。もしそうであれば、それを是正する必要はないでしょう。

コメント8件コメント/レビュー

補足:素人考えですが、本記事のようなことを考えるのであれば、女性の「出産」という「特性」と、「子供」という「存在」を、経済として社会としてどのように定量化するか、ここが肝心のように思います。単に仕事をしたい/したくない、或いは子育てをしたい/したくないという西洋哲学的定義をされた自我による自由意思の問題のみを変数として仮定すること自体に無理がある(モデルが簡素=理想的すぎる)のではないでしょうか。(2012/04/19)

「新しい経済の教科書」のバックナンバー

一覧

「経済学で見れば「格差」は悪いことではない」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

補足:素人考えですが、本記事のようなことを考えるのであれば、女性の「出産」という「特性」と、「子供」という「存在」を、経済として社会としてどのように定量化するか、ここが肝心のように思います。単に仕事をしたい/したくない、或いは子育てをしたい/したくないという西洋哲学的定義をされた自我による自由意思の問題のみを変数として仮定すること自体に無理がある(モデルが簡素=理想的すぎる)のではないでしょうか。(2012/04/19)

比較優位性を社会現象に適用し経済学的合理性の断面で説明しようという試みは面白い。パネルデータの重要性は強く同意する。諸処で"経済学では"と断りを入れている点にも氏の誠実さが感じられる。▼問題は、幸福の語感の為に、受手側がイデオロギー的に受け取ることで、あたかも"断面"を"総体"とするような同意の引用や反論が避けられない点だろう。前回、今回のコメントを見てもそう思う▼私は経済学には早く非線形の世界に入ってきて欲しいと考えているが、本記事でも変数や境界条件が少なすぎる、つまり理論モデル世界が狭すぎるように見える。その為、比較優位性は統計的には支持できるが、個別の幸福感に敷衍するのはかなり無理があるように感じた。端折られているだけかもしれないが、理論としては面白くても賛成はできない。(2012/04/19)

氏の主張は、あくまでも「理論的には正しい」に過ぎず、保守派がこの持論を展開してパートナー候補を言い負かそうとすれば、間違いなく反発を招くことでしょう。男性のアイデンティティーは国を問わずに仕事にある という言い分も、男は出産ができない分、その分仕事をすることで自身の存在意義を見出している一面もあるのではないでしょうか。私も男女が仕事・家事・育児全ての分野で完全に平等になることは難しいと思いますが、2人にとって一番心地よい役割分担の形を納得いくまで話し合い、お互いを尊重しあうことが、ひいては2人にとって一番幸せな形になるかと考えます。(2012/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授