• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

可能性は現場にある、だから自ら乗り込む

オリックスの井上亮社長に聞く

2012年6月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回からテレビ東京の経済ニュース番組「MプラスEx」でお会いした企業経営者の素顔と本音を番組と連動してこのコラムで紹介していきます。

 久々にお会いした破天荒で豪快な社長だった。オリックスの井上亮社長のことだ。

 軽い話から入ろうと、「野球は? オリックス・バファローズの試合はよく見るんですか」と聞くと…。「観てない」。スパーンと返事が返ってきた。

 「えっ、そうなんですか?」。横にいた広報が慌てふためいて割り込んできた。「社長、それはちょっと」。「いや、だって本当に観てないから」

 オリックスが所有する球団だから、よく行くものだと思っていた。

 「実は、僕はずっと海外勤務が長くて、あまり日本のこと知らないんですよ。今も海外出張が多くて、実際のところ試合を観に行く時間がないんです」

 社長という立場。行ってなくても無難に返事をしておけばいいものを、これまたとてもはっきりとおっしゃる。勢いのある口調。強い意志――。

井上 亮(いのうえ・まこと)氏
1952年10月生まれ、59歳。75年4月オリエント・リース(現オリックス)入社。2009年1月グローバル事業本部長、2010年6月取締役兼執行役副社長、2011年1月取締役代表執行役社長・グループCOOに就任

 「僕はね、危ない発言や過激な発言が多いんです。宮内(義彦)会長も冷や冷やしているでしょうね」

 思わず聞いてしまった。「よく社長になれましたね」。冷静に考えると、とても失礼な質問だが、よくぞ言ってくれたと言わんばかりに身を乗り出してきた。

 「そうなんですっ。誰も私が社長になるとは思ってなかったんですよ。たまたま今、会社がグローバル強化を打ち出してきて、たまたま私がグローバルで数字(業績成果)を出していたから白羽の矢がたっただけです。もし4~5年前だったら、社長候補として名前も挙がらなかったでしょう。たまたまです」

 「たまたま」を3度繰り返した。話を聞けば、海外一筋。ロシアと南アフリカの一部を除いてほとんどの国に行ったそうだ。単身乗り込み、現地で仕事を開拓する。根っからの現場主義だ。

 モンゴルで遊牧民の差し出す酒を飲み、韓国で「爆弾酒」を飲む。腹を割って話し合い、「人間力」で数多くの案件をまとめてきた。

 「身体には自信があって、海外どこに行っても病気になったことはないですね。インドで街のレストランに入って茶色っぽいウイスキーを飲んだ時も全然問題なかった。うちの会社の人間はお腹壊したけど。中東でも、シリア、レバノン料理でもお腹は壊さない。お酒を飲んでいるからアルコール消毒できるのかな」

 海外では、ビジネスパートナーを「信頼できる人間かどうか」で判断するという。「現場が好きですね。社長はつまらない」。またしても言い放った。危ない、危ない。これはテレビでは使えない発言だ。

 今でも中国やアジアを飛び回っている。2週間に一度は海外だ。自分の目で見ないと事実はつかめないという姿勢には、海外と戦ってきた底知れぬ力強さを感じる。ものすごいエネルギー、ものすごいパワー――。

コメント0

「テレビ東京アナウンサー 佐々木明子が直撃! トップの本音」のバックナンバー

一覧

「可能性は現場にある、だから自ら乗り込む」の著者

佐々木 明子

佐々木 明子(ささき・あきこ)

テレビ東京アナウンサー

1992年テレビ東京入社。スポーツキャスターを経て、報道へ。2007年アナウンサーとして初めてニューヨークに赴任。激動の世界経済を伝え、現在は経済ニュース番組「MプラスEx」や報道特番などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長