• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グローバル展開にICTは不可欠

~大林組(後編) 現地現物の世界を変える

2012年6月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大林組の技術責任者でCIO(最高情報責任者)を兼ねる三輪昭尚取締役専務執行役員と、IT(情報技術)リサーチ大手、ガートナー日本法人の日高信彦社長が、建設とIT、最新技術の関係を題材に、ビジネスイノベーションやCIOの仕事について語り合った。前編、後編の2回に分けてお送りする。

 後編の今回は、建設の世界でも成長に不可欠になりつつあるビジネスのグローバル化にICT(情報通信技術)が果たす役割を考える。

(構成は谷島宣之=日経BPビジョナリー経営研究所研究員、中村建助=日経ビジネス編集)

日高:グローバル化への取り組みはいかがですか。例えば米国フーバーダムのすぐそばに橋を架けるバイパス工事を受注されました。とんでもない断崖絶壁に橋をかけるという、ああいうプロジェクトを完成させたように、大林組が持っている建設技術で勝負していくのでしょうか。

【対談者紹介】
(右)三輪 昭尚 大林組 取締役専務執行役員 技術本部長
1974年4月大林組に入社。2004年1月に大林USAの取締役社長に就任。05年6月に大林組執行役員に就く。東京本社技術本部長などを歴任し、08年に情報システム担当役員となる(いずれも現任)。10年4月から現職。
(左)日高 信彦 ガートナー ジャパン 代表取締役社長
1976年東京外語大外国語部卒業後、日本アイ・ビー・エム入社。96年アプリケーション・システム開発部長。2001年アジア・パシフィックCRM/BIソリューション統括。03年4月から現職。
(写真:的野弘路、以下同)

三輪:当社が挑戦すべきは、技術の難しいもの、技術が必要なもの、大型のプロジェクトだと思います。フーバーダムもそうですし、サンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジの耐震補強工事も手掛けています。

 それ以外でも、米国では多くのトンネル工事を手がけています。ゴールデン・ゲート・ブリッジのような国のシンボルといえるような場所の工事を、外国の会社に任せてくれるアメリカには、懐の深さを感じます。

日高:とはいえ大林組の技術を評価して向こうは判断したわけでしょう。

三輪:それはそうです。施工の力だと思いますね。狙い通りに仕事ができるかどうかということで。

日高:アメリカ以外に力を入れている地域はありますか。

三輪:東南アジアですね、それから中近東、オセアニア。当社はもともとタイで長く仕事していますし、シンガポール、インドネシア、ベトナム、台湾などでもやっています。

技術の大林から世界の大林へ

 技術本部長として私は「技術の大林を目指せば世界の大林に近付く」と1年前ぐらいから言っています。この規模で事業をやっていこうとしたら、グローバル化というか海外の事業を考えないと先がないですから。

 ただグローバル化はこれからです。また、建設業という業種は本来ローカルなものです。原則的にはその場に行って、その場の労働力で、その場で手に入る材料で、その場で造っていくものですから。普通の製造業と違って、どこかで作ったものをどこかへ輸出してといった話ではない。

 日本でうまくいっているから世界でもうまくいく、というわけではない。その場所、その場所で顧客が何を求めているかを確認しながら、しかも大林組ならではという技術で差異化を図って進めていくことになります。

コメント0

「革新的経営問答」のバックナンバー

一覧

「グローバル展開にICTは不可欠」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中村 建助

中村 建助(なかむら・けんすけ)

ITpro編集長

日経デザイン、日経ストアデザイン、日経コンピュータ、日経ソリューションビジネス編集長、日経エコロジー編集長、日経ビジネス副編集長などを経て、2012年よりITpro編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官