• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“独裁者”スティーブ・ジョブズの真実

iMacの「名付け親」が明かすアップルのシンプル経営

2012年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アップル創業者の1人であり昨年に亡くなった前CEO(最高経営責任者)、故・スティーブ・ジョブズ氏。同氏から厚い信頼を受けてアップルの広告キャンペーンを数多く手がけてきたのが、ケン・シーガル氏だ。同社が経営破綻寸前の危機的状況にあった1998年に発売し、復活に向けてのろしをあげたデスクトップパソコンの「iMac(アイマック)」の名付け親であり、「Think Different」のコピーで有名な同社のキャンペーンの仕掛け人としても知られる。

 このほど、ジョブズ氏と仕事をした経験などをまとめた著書『Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学』(NHK出版、原題は“Insanely Simple”)を上梓。ジョブズ氏との仕事を通じて体得した、大企業病を克服するための「シンプル経営」について、これまで明らかにされてこなかったエピソードを織り込みながら紹介している。本インタビューでは著書にも記されていない話も交えて、ジョブズ氏の人となりや仕事にかける情熱などを語った。(聞き手は広野彩子=日経ビジネス記者)

著書の中で、「iMac」の名前を考えた時のエピソードを紹介されていました。スティーブ・ジョブズ氏は当初、別の案「マックマン」を大変気に入り、シーガルさんらが提案したiMacを嫌いだと、2回も却下した。ジョブズ氏の気質がよく分かるエピソードです。最終的にはジョブズ氏はどのように考えを改め、iMacに決定したのでしょうか。

シーガル:私たちはすべての論点を示し、なぜ、スティーブが気に入った「マックマン」ではダメなのか、はっきりと言いました。何しろスティーブは最初、「ゲームや携帯型音楽プレーヤーを連想する名前はダメ」と言っていたのです。マックマンでは間違いなく、ゲームのパックマンやソニーの携帯音楽プレーヤーのウォークマンを消費者は連想します。その点も説明しましたが、なかなか聞く耳を持ってもらえませんでした。

「iMacは嫌いだ。マックマンの方が好きだ」

 一方でなぜiMacがいいのかも、繰り返し説明しました。小文字のiはインターネットのiです。当時は現在と比べればインターネットに接続するのに手間がかかりましたが、それを飛躍的に身近にするというコンセプトからです。iMacはたった4文字ですし、フォントをデザインとして見ると、小文字のiと大文字のMがパソコン本体に大変よく似合う。言いやすいしスペースも取らない。スティーブが望んでいた「Mac」の文字も入っている。しかも覚えやすい。しかしスティーブには、スティーブなりの考え方があるので、それを変えてもらうのは難しかった。

ケン・シーガル(Ken Segall)氏
1950年生まれ。米国の複数の広告代理店に在職中、広告ディレクターとしてアップル、デル、IBM、インテルなど著名IT(情報技術)企業を始めとする様々な大企業の広告企画を手がける。その後独立。97年にアップルの大規模な広告キャンペーン「Think Different」の企画・製作に携わったことで有名。スティーブ・ジョブズ氏との関わりは、同氏がアップルを離れていた時期も含めて計12年にわたった
(写真:都築 雅人、以下同)

 彼はとにかく議論好きでした。白熱し、声が上ずることもしょっちゅうでした。しかも議論では徹底的にやり合います。スティーブは、いったん「これがいい」と思ったら、なかなか考えを変えません。その時は、「意見は受け止める。でもやはりマックマンが一番好きだ」と言いました。

 1度目の却下を受けて2回目に新しい案とともに再びiMac案を会議で示したら、ジョブズはその場で結論を出しませんでした。しばらく「iMac」の文字をじっくりと眺めて、「よし、今週はそんなに嫌いじゃない。でも好きでもない」と言いました。私は大変落ち込みました。

 翌日、私はこの件を話題にもしませんでしたが、別件でアップルの人から「そうだ、スティーブがiMacという名前を製品につけて、周囲の意見を聞き回っていたよ」と聞いたのです。それでようやくiMacに傾いたことを知りました。スティーブは結局、私には何も言わなかった。

 多くの人が、私たちと同じことを口にしたに違いありません。そこで「いいのかもしれない」と思い始めたのでしょう。さすがのスティーブも考え方を改めざるを得なかったのでしょう。

コメント8

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「“独裁者”スティーブ・ジョブズの真実」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長