• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“独裁者”スティーブ・ジョブズの真実

iMacの「名付け親」が明かすアップルのシンプル経営

2012年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント8件コメント/レビュー

この記事を読み、自分の感性のみを信じた独裁者と思っていたジョブズが、お互いにアイデアを出し合い議論する事を好み、自由に考えさせたというのは、イメージが少し違いましたが、経営者としては当然であります。又、無駄を省く為、意思決定者が最初から議論に入る事は、忘れがちですが重要ですね。(2012/07/01)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

「“独裁者”スティーブ・ジョブズの真実」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事を読み、自分の感性のみを信じた独裁者と思っていたジョブズが、お互いにアイデアを出し合い議論する事を好み、自由に考えさせたというのは、イメージが少し違いましたが、経営者としては当然であります。又、無駄を省く為、意思決定者が最初から議論に入る事は、忘れがちですが重要ですね。(2012/07/01)

アップルの特徴を的確に引き出しているという点で非常に良い記事です。スティーブ・ジョブスがいなくなってもアップルには進取の社風をこれからも失わないでほしいです。(2012/06/25)

いつもお世話になります。Jobzを扱うメディアは沢山ありますし、亡くなって間もなく伝記までベストセラーになる等、現在もカリスマ経営者として君臨しています。ただし彼が生み出したのはNextの失敗で描画モジュールのみを取り出したAcrobatしかありません。PostScriptを含めて、これらはXerox-PARCのInter-Pressの若干手を加えただけの産物で、多くの社員はこうしたことに馬鹿馬鹿しさ以外の何も感じません。中にはMade in XeroxのArgosをSUNのコピー商品等と言っている輩も居ます。※SUN-OSのブート時に多くのアーキテクチャはゼロックスの模倣であるとの注意が出ても読めないらしい残念な人々。一連の“i-Serice”もJobzがAlanに散々問い続けた“ダイナブック構想(後のUbiquitous)”の“これで具象になったか?”との問いの結果でしかありません。またStar-Workstation(通称D-Machine)をけなす輩も沢山居るようですが、1980年代に現在のブラウザ以外の昨日の殆どを搭載した環境は“未知との遭遇”以外の何者でもありません。“アジャイル”や“アスペクト思考”、“Object Oriented Programming”は現在ですら中途半端な紛い物でしかなく、SAPやOracle-ERPを観ていると“お頭は大丈夫”と聞きたくなる。そうした中、MicrosoftによるWindows8がこの“DynabookとUbiquitous”一気に踏襲するアーキテクチャを展開しようとしていることを認識できないアーキテクト解析力に疑問を持たずいられません。(2012/06/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表