• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「攻撃はやめない」と加害生徒が宣言。その時、教師は

現役中学教師が語る「いじめと暴力」の現実・その2

  • 三浦 拓真

バックナンバー

2012年7月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 学校は夏休みに入ったにもかかわらず、いじめ関連のニュースが引き続きメディアをにぎわせている。大津市の中学校で起きた事件を受けて、各県の教育委員会がいじめの実態調査に乗り出しているためだ。前回に引き続き、横浜市内の中学校で教鞭を執る現役教師、瀬田川聡氏が自らの経験を基にいじめへの具体的な対処法を語った。
(聞き手は三浦 拓真)

ご自身の学校では、実際にどのような問題に対処してきましたか。

瀬田川:まず個人情報保護の観点から複数のケースを合成し、かつ中心的な特徴が損なわれない程度に細部を変更している点をご理解ください。

 私の中学校でいじめがありました。被害生徒Aと加害生徒Bは中学3年生で、同じクラスに在籍。問題に気がついたのは、5月中旬の放課後にA君が私に話があると言ってきてからです。

 相談室で話を聞くと、A君は「同じクラスのBからいじめられている」と訴え、こんな内容を語りました。

 およそ1カ月前の放課後にA君はB君に呼び出された。B君に「おまえを見ているだけでむかつく」と一方的にののしられて、左頬を2回殴られ、左足を3回蹴られてうずくまった。その日以来、ほぼ毎日、教室に先生がいないときにB君が近寄ってきて、A君の肩を殴ったり、太ももを蹴ったりするなどの暴力が続いた。

すぐには先生に相談できなかったのですね。

瀬田川:始めの暴行時に「先生に言ったら、余計に殴るぞ」とすごまれたことが、心に強く残り、恐怖で相談できなかったようです。A君は夢でもB君に呼び出されて殴られる場面が出てきたり、授業中もB君が気になり集中できなかったりして、時々手が震えるなどの症状が出てきました。A君は登校するのも辛くなり、我慢の限界を感じて生徒指導専門の私に相談をしてきたのです。

被害生徒の母親は教師に激怒した

A君の話を聞いた後に、どのように行動しましたか。

瀬田川:すぐに担任の男性教師、学校職員と情報交換をして家庭訪問に赴き、母親に報告と謝罪を行いました。すると、A君の母親は「学校の責任だ」と激怒し、「すぐにB君を指導してほしい」と訴えました。冷静に対応策を考えられる状態ではありません。

 家庭訪問の翌日に、担任教師、学年主任と私の3人で、B君を相談室に呼び出し、指導を行いました。だがB君は反省するどころか「自分もAに悪口を言われている」、「教師はAの味方ばかりをしてむかつく」などと主張。時には相談室の壁を蹴るなどして激しく反抗しました。あまりに態度が悪く、反省の色がないので、それから数日間、放課後に担任教師と私がB君への指導を継続しましたが、B君に気持ちの変化はなく、「Aへの攻撃は止めない」と宣言しました。

コメント34

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)