• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「大切な局面では計算せずにイチ、ニのサンで飛び込め!」

【特別対談】藤原和博×河合薫 人生80年時代のキャリアを考えます(第2回)

  • 峯村 創一

バックナンバー

2012年8月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 終身雇用、年功序列を柱とする日本型雇用制度が崩壊し、誰もが成長を実感して一様に幸福を追求することができなくなった現代。生活する困難さが増す中、平均寿命80歳超という長い人生をどう生きていくべきなのか。

 リクルートのフェローから転じて、東京都では義務教育初の民間人校長として杉並区立和田中学校の校長に就任し、様々な教育改革を実行。2008年から2011年にかけて大阪府知事特別顧問を務めるなど教育改革に奔走する藤原和博氏。

 国際線客室乗務員、テレビ朝日系「ニュースステーション」のお天気キャスターなどを経て健康社会学者に転じ、日経ビジネスオンラインで人気コラム「上司と部下の力学」を連載する河合薫氏。

 異分野に身を投じ続け、独自のキャリアを積み重ねてきた2人が、現代に求められるキャリアのあり方について論じ合う。2回目の今回は、河合氏が国際線客室乗務員から気象予報士、そして健康社会学者と、大きくキャリアを変えてこられた理由を藤原氏が解き明かす。

(構成は、峯村 創一=フリーライター)

(前回の「勝たなきゃいけないのは、自分の人生というレースですよ」から読む)

藤原:新天地を求める時、普通は前の扉を確保してから、後ろの扉を閉めるじゃない? でも、僕は絶対にそれじゃだめだと思う。なぜなら、後ろの扉を閉めないと前の扉がどこにあるか分からないから。

河合:分かります。私も全日本空輸(ANA)の客室乗務員(CA)を辞めるか辞めないかで1年間悩みました。なかなか踏ん切りがつかなくて。でも、次に何にも決まってないけれども、とにかく辞めようと。それは後ろの扉を閉めるということですよね。

藤原:そう。その無謀さがどこから来るのか。「それは勇気があったから」などというのは、後付けの理由。きれい事なんです。「大事な局面であまり計算しない」ということが非常に大事です。

 それを計算して取り引きしちゃうと、すごくコスいことになっちゃったり、相手に足元を見られたりするから。大事な決断であればあるほど、計算しないで、イチ、ニのサンで飛び込んじゃった方が、周りの人たちが助けてくれる。

河合:じゃあ、無謀で良かったんですね(笑)。辞めようかどうか迷って、いろいろな人に相談したんですが、「いい人を見つけて結婚しろ」とか「あと2年やれば退職金が出るから、それまで待て」などと言われて。

 でも、とにかくCAの仕事に窮屈さを感じながら働いているのは、嫌だった。さらにその殻を破って次のステージ。すなわちCAのプロになるには、あと10年はかかる。そこまで今のまま続けるのは無理だなと思ったんですね。であるならば、今辞めようと。

コメント3件コメント/レビュー

河合薫さんの記事にはしばしば厳しい読者コメントがつくことが多く、河合さんの心が折れないだろうかと心配になることが多々ありますが、今回のインタビューを読んで精神面の強さの理由がわかったような気がします。最近の若者にはちょっとしたことで心が傷ついて立ち直れなくなる人が多すぎる気がしますが、彼らにも河合さんのように「褒められて努力した」経験をさせることができれば強くなれる気がします。人間は「ものすごく努力する」場面というのは、自分の好きなことややりたいことをするときだけだと思いますが、最近の学校教育や家庭内の教育では子どもに好きなことをさせる時間が少なすぎる気がします。「好きなことばかりやっていて勉強しないと食べていけなくなる」と考える大人が多いのでしょうが、実際は「好きなことに熱中する時間が多いことが、社会人として生きていく力(精神力)をつけさせる」のだろうと思います。教育が「好きなことを我慢させる」「(試験で高得点できるような)勉強をさせる」ことに偏重しすぎているような気がします。もっと藤原さん、河合さんのような若者が多く育つ社会にしていくことを我々は目指すべきだと感じます。(じぞう)(2012/08/20)

「インタビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

河合薫さんの記事にはしばしば厳しい読者コメントがつくことが多く、河合さんの心が折れないだろうかと心配になることが多々ありますが、今回のインタビューを読んで精神面の強さの理由がわかったような気がします。最近の若者にはちょっとしたことで心が傷ついて立ち直れなくなる人が多すぎる気がしますが、彼らにも河合さんのように「褒められて努力した」経験をさせることができれば強くなれる気がします。人間は「ものすごく努力する」場面というのは、自分の好きなことややりたいことをするときだけだと思いますが、最近の学校教育や家庭内の教育では子どもに好きなことをさせる時間が少なすぎる気がします。「好きなことばかりやっていて勉強しないと食べていけなくなる」と考える大人が多いのでしょうが、実際は「好きなことに熱中する時間が多いことが、社会人として生きていく力(精神力)をつけさせる」のだろうと思います。教育が「好きなことを我慢させる」「(試験で高得点できるような)勉強をさせる」ことに偏重しすぎているような気がします。もっと藤原さん、河合さんのような若者が多く育つ社会にしていくことを我々は目指すべきだと感じます。(じぞう)(2012/08/20)

前回よりも、さらに面白かったです。河合先生の受験戦争なんて想像もしていませんでした。超エリートですんなりドクターに行かれたのかと思っていました(笑) 後ろの扉を閉めなさい、は少し共感。大学を卒業して20年近く勤務した前の会社を辞する時、そんな感じでした。まず「辞める」が先にあって、やりたいことややれることなど全然わからない。とりあえずこの業界に飛び込んでみよう、と入ってみたのが今の仕事。5年もやってたらいっぱしのプロになってきました。河合先生の続きの話を期待してます。(2012/08/16)

「後ろの扉を閉めないと、前の扉が開かない」というのはすごく共感します。 その職場の中にいると、どうしても中の人間としてか物事が見れない。 また周りの人もA社の○○さんとしてか話をしない。 でも扉を閉めたとたんに、個人としての視点もでてくれば、周りもまたそういう対応をする。 そこから学ぶものはすごく大きかったと自分の経験からも思います。(2012/08/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授