• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若いトップと現場のベテランは、どうすればうまくいくのか

年上の部下、年下の上司~岩瀬大輔編

2012年11月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ライフネット生命保険で副社長を務める僕の下には、年上の社員が何人もいます。

 日本の大企業は、これまで年功序列と終身雇用が基本でした。だから、上司はほとんどの場合年上で、部下はたいがいの場合年下でした。

 けれどもこれからは違います。雇用の流動化が進む上に、少子高齢化で人口の年齢構成が変化していきます。若いトップの下に、年配のベテランがつく、というケースはごく当たり前になってくるでしょう。

マネジャーをプロと認識しない日本

 年功序列が当たり前の日本の企業社会にとっては、これはコミュニケーションの面でものすごいパラダイムシフトです。

 若い上司は、年上の部下は、どうすればいいのか。

岩瀬大輔・ライフネット生命保険副社長(写真:丸毛透)

 ライフネットでのケースを説明しましょう。

 僕はライフネット生命保険の副社長であると同時に、システム担当役員でもあります。インターネットで保険商品を販売している当社にとって、システムの仕事はものすごく重要で、生命線です。

 文系出身の僕はシステムそのものについてはよく知りません。でも大丈夫。担当役員に求められるのは、システムの知識以上に、システムを担うチームのマネジメントのほうだからです。マネジメントならば、僕の本業、というわけです。

 多くの企業の場合、システム部長やシステム担当役員は、システム部の出身者です。つまりばりばりのシステムのプロフェッショナルがそのままシステム部のマネジャーになる。選手経験者がその競技の監督になるようなものですね。
 
 日本企業に多くある人事です。ただここで見逃せないのは、システムの仕事は、技術のわかるプロの仕事、と認識されているのに、チームを率いるマネジャーの仕事は、ある仕事を長年こなしたら「上がり」のように得られるご褒美のような役目、となってしまっていることです。つまり、日本において、マネジャーは必ずしもプロと認識されていないのです。

コメント3

「60歳と30歳で会社をつくる」のバックナンバー

一覧

「若いトップと現場のベテランは、どうすればうまくいくのか」の著者

岩瀬 大輔

岩瀬 大輔(いわせ・だいすけ)

ライフネット生命保険社長兼COO

1976年埼玉県生まれ。98年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)