• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「勝算? うちしかこんなアホなことはしないから」

ミニストップの阿部信行社長に聞く

2012年11月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回お会いするのはミニストップの阿部信行社長。千葉市幕張の本社の下にあるミニストップの店舗の前で待ち合わせだ。しかし、会った瞬間にお人柄が分かるというか、ここまで分かりやすいキャラクターも珍しい。

 「佐々木さん、ミニストップへようこそ。僕はどうしたらいいですかね? 今日は店内を案内する役目ですね? お任せください。我らの自慢の商品をたっぷりご紹介しますよ」

 明るい。そして、サービス精神旺盛。

 その勢いにつられて、私もお会いした早々、不躾な質問をしてしまった。

 「阿部社長、実は私、ミニストップにはあまり来たことがないんです。都内には店舗があまりありませんよね」

 すると大きな声で笑った。「ガハハハハ…。それはね、佐々木さんが都内に住んでいるからですよ。実際、都心部は比較的手薄でして」。

 なんて豪快な、しかもなんてストレートな返事。表情豊かで、明るいノリはまるで芸人さんのよう。間違いなく「テレビ向き」の方だ。

阿部 信行(あべ・のぶゆき)氏
1959年2月新潟県生まれ、53歳。82年3月ミニストップ入社、97年3月開発本部長、同年5月取締役。2005年5月常務取締役、2008年5月社長就任。

 「店舗に入れば私たちの特徴が分かります。どうぞ、どうぞ」

 ほかのコンビニエンスストアとは一線を画するミニストップの姿が、店に入ると確かによく見えてくる。入ってすぐにソフトクリームなどスイーツのカウンター。左手には大きなイートイン・スペース。

 そして、厨房。これこそほかのコンビニとは一線を画す最大の特徴だ。

店で炊いたご飯で「手作りおにぎり」を提供

 厨房では5~6人のスタッフが忙しく働き、出来たてのから揚げやポテトを次々と作っている。セルフスタイルのドリップコーヒーもあれば、ミニストップの軸となる目玉商品「手作りおにぎり」も店頭に並べられている。

ミニストップの店舗の特徴を熱い口調で説明する阿部社長

 「手作りおにぎりは、店でコメを炊いてるんですよ。炊きたてだから本当においしいですよ。これはミニストップを象徴する商品の1つです」

 「象徴なのですか?」

 「コンビニは今や従来のことをやっていては成り立たない時代です。何でもある便利なコンビニは当たり前で、個性がないとダメ。その点、ミニストップは創業以来ずっと厨房を持つ独自の店舗展開をしてきました。その力をこれから発揮できると思っています」

 「つまりどういうことですか」

コメント6件コメント/レビュー

正味、店舗で全てのお弁当を作れるようになったとしても、いまのほか弁と何が違うんでしょうか?ほか弁は逆にジュースやデザートを置くようになってきているし、行く先は見えている気がするんですが。これが進むと百貨店になって、さらに進めば複合施設になるだけで、何一つ目新しくないですよね。全て失敗するパターンを踏襲してるようにしか見えないんですけど。コンビニで高校生が作る弁当を食べるなら、主婦のアルバイトが多いほか弁のほうが衛生面などで精神的にラクっていうのもありますしね。ミニストップが現在他店と差別化出来ているのはソフトクリームぐらいでしょう。それが支持される理由もひとえに「味」にあるのではないでしょうか(私は脂肪分がしつこいので好きではないですが)。つくりおきだろうが店頭調理だろうが関係ありません。弁当に何を求めているのかを考え直すべきです。(2012/11/28)

「テレビ東京アナウンサー 佐々木明子が直撃! トップの本音」のバックナンバー

一覧

「「勝算? うちしかこんなアホなことはしないから」」の著者

佐々木 明子

佐々木 明子(ささき・あきこ)

テレビ東京アナウンサー

1992年テレビ東京入社。スポーツキャスターを経て、報道へ。2007年アナウンサーとして初めてニューヨークに赴任。激動の世界経済を伝え、現在は経済ニュース番組「MプラスEx」や報道特番などを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

正味、店舗で全てのお弁当を作れるようになったとしても、いまのほか弁と何が違うんでしょうか?ほか弁は逆にジュースやデザートを置くようになってきているし、行く先は見えている気がするんですが。これが進むと百貨店になって、さらに進めば複合施設になるだけで、何一つ目新しくないですよね。全て失敗するパターンを踏襲してるようにしか見えないんですけど。コンビニで高校生が作る弁当を食べるなら、主婦のアルバイトが多いほか弁のほうが衛生面などで精神的にラクっていうのもありますしね。ミニストップが現在他店と差別化出来ているのはソフトクリームぐらいでしょう。それが支持される理由もひとえに「味」にあるのではないでしょうか(私は脂肪分がしつこいので好きではないですが)。つくりおきだろうが店頭調理だろうが関係ありません。弁当に何を求めているのかを考え直すべきです。(2012/11/28)

米や具の生産地を明記してくれたらますます安心して食べられますね。急いでる時に手作りのおにぎりは嬉しい。通常のコンビニおにぎりは保存料や化学調味料たっぷりで、食べる気がしませんものね。仕方なく食べた時には気持ち悪くなって後悔します。ドリップコーヒーも豆の生産地や出来ればフェアトレードだとポイント高いです。安くてまあまあのコーヒーは買う気がしません。(2012/11/27)

『「中食」はコンビニなど外で買って、外で食べる。』という一文がありますが、「中食」とは外で調理されたものを購入して家庭内で食べるという意味ではないでしょうか?。(2012/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表